2021.01.18

一緒に楽しみたいのに...!【冗談が通じない】彼氏への対処法って?

彼氏と一緒にいるときは、冗談などを言い合って楽しい時間を過ごしたいものです。しかし世の中には、冗談がなかなか通じない人もいます。

もしも冗談が通じないタイプの彼と付き合っていた場合、冗談を本気に取られてしまい、怒られてしまうこともあるでしょう。そうなると楽しい会話ができなくなってしまいます。

では、冗談が通じない人が彼氏の場合、どのような対処法を取れば良いのでしょうか。
冗談が通じない彼氏への対処法として、最も簡単なのが「冗談だよ」としっかり伝えるという方法です。

彼氏が何を真面目に受け取り、冗談だと認識してくれるのかわかりません。そのため、冗談を言うたびに毎回、「冗談だからね」と伝えるようにするのです。

かなり面倒な方法ですが、これを行えば彼に誤解されることはなくなるでしょう。また、何度も行っていれば徐々に彼も、何が冗談なのかわかるようになっていきます。

一番簡単にできることですし、何度も行えばいずれ言わなくても良くなる方法ですので、オススメです。
彼に冗談が通じないのは、あなたの冗談がリアルなものだからかもしれません。

「私、実は年齢2歳サバ読んでるから」という冗談を言ったとしましょう。これは多くの人が冗談だと受け止めるかもしれませんが、真面目な人は冗談だと思わない恐れがあります。

実際に年齢をサバ読む人はいるため、ありえない話ではありません。そのため、冗談を言うときは絶対にありえないことを言うようにしましょう。

「私、実は6歳なんだよね」という冗談であれば、いくら真面目な彼でも冗談だと理解してくれるでしょう。

このようにしてリアリティーのある冗談は言わず、少しオーバーな冗談を言うようにしてください。
一緒にお笑い番組を観るというのも1つの対処法です。彼に冗談が通じないのは、世間一般の冗談を知らないからかもしれません。

お笑い番組では様々な冗談が飛び交っています。彼もそれがお笑いであるということはわかるため、そのほとんどを冗談だと認識するでしょう。

そうすることにより、彼は世の中にどのような冗談があるのかを知っていくことになるため、あなたの冗談も理解できるようになっていくのです。

実際に彼の前で冗談を言うときは、一緒に観たお笑い番組で言っていたことを言うようにしてください。そうすることで彼も冗談だと認識し、その幅がどんどん広がっていきます。
冗談が通じな彼氏には、何が冗談であるかを覚えてもらうしかありません。

それを実現するためには、あなたが様々な工夫をするということが大切なこととなります。

そうすることで今度は彼も冗談を言ってくれるようになるかもしれないため、根気強く今回紹介した対処法を実践してみましょう。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事