2021.01.26

嫌われるかも?【親から甘やかされて育った女性】の特徴って?

甘える女性は可愛いからモテると言われていますが、甘ったれた女性はモテません。
ある程度自立心を持っている女性でないと、大人の女性として見られることがなくなってしまいます。

しかし、世の中には人に頼ることは得意だけれど、自分では動かない甘えた女性がいます。そこで、親から甘やかされて育った女性の特徴について紹介します。
甘やかされて育った女性は、見ている分にはいいですが、付き合いたくないという男性が多いですよ。
甘やかされて育った女性は、自分の意見が優先されるのが当たり前の中で生活してきました。
そのため、自分の意見が通らないとすぐに不機嫌になります。
イタリアンが食べたいと言ったのに、多数決で中華になったなどの場合でも不機嫌になります。

周りの人がどう思うかよりも、自分の意見が通らないことが不思議でなりません。
私が嫌だと言っているのに、なんでみんな分かってくれないの!くらいの気持ちでいるためとてもわがままです。最初は不機嫌になられるのが面倒で言うことを聞いていた友達も、だんだん離れていくでしょう。
親に甘やかされて育った女性は、大人になってからも両親のことを「パパ」「ママ」と呼ぶことが多いです。
甘やかされすぎて自立するタイミングがなかったために、「お父さん」「お 母さん」と変えることがありません。

ある程度の年齢になると、周りの人が親への呼び方を変えるため、自然と変わっていくことが多いですが、甘やかしている親ではそうはいきません。
親も自分のことをパパやママと呼ぶため、娘からすると呼び方を変えるタイミングを逃すのです。
甘やかされて育った女性は、すぐに泣きます。怒られた場合はもちろん泣きますし、ただビックリしただけという理由でも泣きます。
嫌なことがないようにと大切に育てられてきたため、適応力がないのです。

泣けば誰かが何とかしてくれていると思っているので、自己解決能力が著しく低いです。
そのため自分では問題解決をすることができずすぐに誰かに頼り始めるのです。
誰かが解決してくれることを当たり前だと思っているので、お礼を言わないなんてこともあります。
甘やかされて育った女性は、礼儀知らずな人が多いです。
大人になっていく上で学んでいく礼儀を知らないので、天然だと勘違いされることもあります。しかし、長く付き合っていくうちに、何も知らない子だとバレるのです。

箸の持ち方や、目上の人に対する言葉遣いなどが上手でないことが多く、それ故に人を怒らせてしまうことがあります。
知らないことが多すぎて、社会に出てからビックリすることがたくさんあったという女性もいるでしょう。
親から甘やかされるのは、ひとつの愛情の形です。悪いことではないですが、甘やかされたままでいると自分嫌な思いをすることがあります。

甘やかされていることに甘えずに、自立できるように努力してみましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事