2021.01.27

愛情表現が苦手な女性へ♡上手な【気持ちの伝え方】って?

恥ずかしさがこみあげてくるといった理由で、彼氏に言葉で愛情表現するのが苦手だという女性は多いです。好きと口にすることができればいいのだけれど、言おうと思っても緊張して言えなかったという人もいるでしょう。

好きだと口にできないからといって、彼氏のことが好きじゃないわけではありません。
言葉にするのが苦手なだけです。そこで、愛情表現が苦手な女性の気持ちの伝え方について紹介します。言葉にするのが苦手だという女性は、参考にしてみて下さい。
愛情の伝え方は言葉だけではありません。カップルだからこそできる愛情表現のひとつが、抱きつくことです。抱きつくことで、彼はあなたが自分のことを好いているのだと感じることができます。言葉にしなくても、行動で伝わるのです。

スキンシップは、好意のある人じゃないとすることはできません。苦手な人のみならず、
関係が普通の人でも手を繋いだり体が触れ合うのは嫌だという女性は多いです。そのため、触れ合える関係は好きな人だからできることだと彼も分かってくれるでしょう。
愛情表現が苦手な女性は、お願い事をすることが苦手だというパターンが多いです。自分の気持ちを表に出すことが苦手なので、頼りたいことがあってもお願いすることができず、
一人で解決しようとしてしまいます。

そこで、小さなことをお願いしてみましょう。ティッシュを取ってなどと言った簡単なことでいいです。そのお願いを聞いてもらったときに、「ありがとう、優しいね」「ありがとう、さすがだね」といったお礼プラス褒め言葉を付けることで、彼に愛情を伝えましょう。
彼の好みに合わせて、服装や髪形を変えてみましょう。自分のファッションを変えることは、好きな人が対象でないとできないことです。そうすることで、あなたが彼に喜んでもらいといと思っていることが伝わります。

彼のためとはいえ、自分にこだわりのある部分は変えなくてもよいです。彼の好きな女性ブランドの服を着てみたり、派手なネイルをしていたけれどシンプルなネイルにするなど、自分にできそうなことをして、彼にアピールしましょう。
デートの一環として、彼の好きな食べ物を作ってご馳走するというのも、愛情を伝える手段です。いつもデートは外食ばかりというのであれば、どちらかの家でお家デートをして彼の好きなものを作ってあげましょう。

好きでもない人のために、時間をかけて料理を振る舞おうなんて気持ちは置きません。料理に愛情をたっぷり込めて作ることで、あなたの気持ちが彼に伝わります。あなたの作った美味しいご飯を一緒に食べながら、楽しいひと時を過ごしましょう。
言葉で伝えられなくても、行動で愛情は伝わります。口下手な人は行動で伝えるようにしてみて下さい。

彼氏もあなたからの愛情表現をきっと喜んでくれることでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事