2021.01.22

【振られたくない…】別れを予感したときに相手から振られない方法は?

「別れよう…」と言われていなくても「もうすぐ別れそう…」と別れを予感することってありますよね。その場合「振られるかもしれない…」という気持ちも強くなるでしょう。

ただ、「別れそうだけど振られたくない」「振られるのは辛い…」と思ってしまうこともありますよね。

そこで、別れを予感したときに相手から振られなくて良い方法について紹介します!
もしかしたら振られるかもと思ったときは、自分から「別れようか?」と切り出すと振られることはありませんね。きっと相手はあなたから言われると思っていないのでビックリすることでしょう。

「別れようと思っていたけど言われたら悲しい…」と相手は思う可能性もありますね。しかし、あなたも別れを相手に告げられるのは辛いはずです。

また、相手は別れを言えなくて苦しんでいる可能性もありますよね。あなたから振って終わらせたほうが相手にとっては楽なことでもあるので、最後にイイ女を演じましょう。
振られそうだなと感じたら、振られる前に距離を置くのもいいでしょう。相手も徐々に距離を置きだしている頃ではないですか?あなたが追いかけている状態かもしれないですね。

しかし、追いかけても振られる時期が近づいてくるだけなので、先に距離を置いてみてください。最初は相手も「連絡がないほうが楽」ぐらいに感じますが、だんだんと「どうしたんだろう?」と気にかけてきます。

そのときに「別れたいんじゃないかなって思って…」と別れ話をすると相手が自分の気持ちを正直に話してくれるでしょう。こうすることで、振られるのではなく別れたとしても話し合いで別れることができますよね。
「やばい。振られそう」というときは、相手に何かを言われたり、相手が行動に出る前に相手の気持ちを察して自分が変わることを意識してください。

例えば、「もしかしたら私が冷たくしすぎたかもしれない」と思ったら優しくする、「私のがさつなところが嫌いなのかも」と思ったら丁寧に生きるなどです。

先に相手の気持ちを察して変わることができたら、相手には別れる理由がなくなりますよね。振られることなく付き合いを継続させることも可能かもしれません。
別れを予感していても、一緒にいるときは暗くなってはいけません。あなたが泣いたり悲観的になったりすると、その瞬間が別れのタイミングになることもあるからです。

おそらく、相手はすがってくるあなたに対して情を持つことができなくなっている可能性もあります。そのため、一緒にいるときは明るい雰囲気で会いましょう。

会っているときに楽しく過ごせたほうが相手の気持ちが変わる可能性があるのです。少しの可能性にかけたいときは暗くならないのが大事ですよ。
別れを予感すると、真っ先に振られるイメージが浮かんでくるものです。しかし、振られずに済む方法もあります。自分がどうしたいかをよく考えて行動に出てくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事