2021.01.28

苦しいだけなのに…!【追いかけたくないのに】追いかけてしまう理由とは?

好きになってしまった彼のこと、本当は追いかけたくないのに追いかけてしまう、もう追いかけても無駄だと分かっているのに追いかけてしまうということがありませんか?

「追いかけないって決めたのに…」と自分の中で葛藤してしまうこともあるでしょう。とても苦しくて辛くなることもありますよね。

今回は、追いかけたくないのに追いかけてしまう理由について紹介します。理由を知って対処していきましょう。
「もう吹っ切ろう!私は違う恋愛をするんだ!」と思ったときに限って彼から連絡がくることがあるでしょう。そうなると、気持ちが戻されてしまいまた追いかけてしまいますよね。

きた連絡に対してすぐに返事をし、またしばらく放置されて、吹っ切ろうと思ったらまた連絡がくるなどです。あなたにとってはとてもタイミングが悪く連絡がきていることになります。

本気で吹っ切ろうと思うなら、彼の連絡先をブロックするのもいいですよ!そこまでしないとまた追いかけてしまうかもしれません。
どこかで出会う人を彼と比べてしまっているところがあるでしょう。あなたの中で一番好きな人が決まっているのに出会いを探していることから、いい人が現れないと思い込んでしまうのです。

彼よりいい人が現れたとしても気付くことができないでしょう。「でもあの人がいい。」「一生彼以上の人なんて現れない…」ぐらいの気持ちを持ってしまっているのです。

その結果、追いかけないと決めても心がついてきません。いつも追いかけてしまう自分がいることでしょう。
もう相手のことを追いかけても無駄、追いかけてはいけない人だということが分かっているからこそ追いかけたくなることもありますよね。

ダメだと分かっているのに追いかけるのは、それだけ刺激があるからかもしれません。また、万が一の可能性を信じたいという気持ちを持っている可能性もありませんか?

「ダメな恋愛でも自分なら大丈夫かもしれない…」と自分を過信しているところもあるでしょう。ダメなほど燃えるタイプは追いかけるのをやめられなくなりますよね。
常に恋愛したいという気持ちが追いかけたくないのに追いかけてしまう原因を作ることもあります。なぜなら、追いかけるのをやめることが今の時点で恋愛をするのをやめることになるからです。

「恋愛しなくなったらつまらない」「追いかけるのをやめたいけど、やめたら誰を好きになったらいいの?」と恋愛できなくなる自分に恐怖を感じることもあるでしょう。

恋愛依存症タイプや、恋愛しないと日常でのやる気が全くでないタイプの人は、常に追いかける恋愛をしてしまう可能性がありますよ。
追いかけたくないと思っているのに、追いかけてしまうのは、どこかに理由があるからです。その理由を探して、本当に追いかけたくないという気持ちを強く持って恋愛のスタイルを変えましょう。(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事