2021.01.28

順調だったのに…!脈ありから【脈なしに変わる理由】とは?

脈ありだった男性のことを毎日意識していたはずなのに、ある日突然「ないない。脈なし。」という状況に変わるときがありませんか?

脈ありだったときにずっと観察していただけあって脈なしになる出来事があったのでしょう。しかし、自分でも「あれだけいいと思っていたのにな…」と残念に思う気持ちも出てくるはずです。

今回は、脈ありだったはずの男性が脈なしに変わる理由について紹介します。
第一印象がとてもよくて「なんて素敵な人!」「こういう人と付き合えたらいいな…」と思っていたはずなのに、次に会ったときに「あれ?こんな人だったっけ?」と思う瞬間があると脈なしになりますよね。

例えば、最初に会ったときはスーツでカッコよかったのに次に会ったときの私服がとんでもなくダサかったなどで第一印象から下がることもあるでしょう。

多少下がったぐらいでは持ちこたえることができますが、一気にガクッと下がってしまうと脈なしに変わってしまいますよね。
気付いていなかった生理的に無理な一面を見てしまった場合、脈ありから脈なしに変わることが多いでしょう。

例えば、素敵な笑顔をしているのに裏では悪口ばかり言っている、見た目はかっこいいいのに平気でおならをするなど自分の中で「受け付けない…」と思うことがあると脈なしになってしまいます。

最初からもっとよく見ておけばよかったと思うものの、「気付けてよかった」と思うものでもありますよね。
相手のことをいい人だと思ってみていたけど、「この人とは将来が見えない…」「仕事をちゃんとしていないからダメだ…」と脈なしになってしまうこともあるでしょう。

いくら好きになったとしても、将来が見えない相手と付き合うのはリスクがあります。自分の年齢がまだ若いと脈ありのままでいける可能性もありますが結婚適齢期を迎えていたり過ぎていたりすると脈なしになるでしょう。

「いい人で勿体ないかもしれないけど将来の幸せには変えられない…」と思うと脈なしになることもありますね。
自分の前ではとても素敵な人なのに、たまたま街で見かけたときに店員さんに大きな態度をとっていた、友達に対してありえないことを言っていたなどショックな場面に遭遇すると脈なしになるでしょう。

「きっと付き合ってからしばらくたったらあの素が出てくる…」「あんな人願い下げだ…」と思って一気に嫌いになる可能性もありますよね。

脈ありな人の普段の態度というのは気になるものです。そこでも合格点が出せたら初めて本気で好きになるという人もいるでしょう。
一度脈ありと思ったとしても、それがずっと続くとは限りません。特に女性はちょっとしたことで気持ちの変化があるので、脈ありが簡単に脈なしになることも考えられますよね!(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事