2021.01.30

男性との【間接キス】がちょっと嫌…上手い断り方って??

女性同志で間接キスする人は多いですが、女性の中には潔癖症や綺麗好きで、間接キスを嫌う人もいます。好きな男性との間接キスなら受け入れられるけど、それ以外の人とはダメなんて方もいるでしょう。

中には、間接キス自体がダメで、例え付き合っている男性であってもできればしたくないというタイプの人もいます。

そうは言っても、男性から「これ飲んでみて」「これひとくち食べて」などと間接キスを求めれることは意外と多いもの。

「間接キスはできないの」と言って断れば、まるで相手を拒絶しているように誤解され、気まずい空気が流れてしまうでしょう。そうならないように、今回は間接キスの上手な断り方を紹介します。

特定の男性からの間接キスを断りたい時にも有効!相手を傷付けずスマートに断れますので、ぜひ使ってみてください。
一番効果的で相手も納得できるのがこの理由です。「風邪気味だから、うつしたら悪いから」と言えば、相手も嫌な気分になりません。むしろ「気遣ってくれてる?」と思ってくれるでしょう。

咳をしたりして風邪アピールも忘れないようにしましょう。
今度は、「ニンニク食べたから」と言って断る方法です。口が臭いので迷惑かけたくないという配慮からの断りで、相手も引いてくれるでしょう。

ただ、男性によっては「僕も食べてるし、気にしないで」と言ってくる場合もあります。その場合は「いやほんとに口臭いから、遠慮しとく」と断るようにしましょう。
「お腹いっぱいだから」と言って断るのも効果的。お腹いっぱいならしょうがないかと、相手も諦めてくれるでしょう。

ただ食事開始から時間が経っている場合のみ有効ですので、食事の序盤で間接キスを求めてきた場合は、別の理由が必要になります。
誰にでも苦手なものはあります。苦手だと言われたらそれ以上相手も勧めませんし、断り方としては自然で相手を傷つけません。ただ、嫌いと言った食べ物は覚えておく必要があります。また、何度も使える言い訳ではないので、使用する頻度には気を付けて。
相手が彼氏ではなく、知り合い程度の男性であれば「間接キスは好きな人としかできないの」と言って断るのも有効です。この場合あくまでも柔らかい口調で笑顔で言うのがポイントです。

無表情で言ってしまうと、場合によっては相手を傷つけてしまうこともあるので、注意してください。
間接キスを断る際は、相手を傷付けない言い訳を使うのが大事です。極力優しい口調を心がけ笑顔で「風邪気味だから」などの言い訳を伝えてみましょう。

笑顔と優しい口調を心がければ、相手に誤解されることなく間接キスを回避できるでしょう。それでもしつこい場合は、最後に紹介した「好きな人としか間接キスできないの」と言えばOK!きっと相手も納得してくれるはずです。(ライター/小池真樹)
(ハウコレ編集部)

関連記事