2021.02.02

待ってるだけじゃダメ!?好きなら【自分から告白】すべき理由って?

自分に好きな人ができたにも関わらず、「相手からの告白を待っている…」「いつ告白してくれるのかな?」「次のデートで告白があるかな?」などのように告白を待っていませんか?

もしかしたら、相手もあなたのことが好きで告白の準備をしている可能性はあります。しかし、いつまで待っても告白されないときは、待つと時間が過ぎていくだけになることもあるでしょう。

今回は好きになったら告白を待つよりも告白したほうがいい理由について紹介しますね。
相手はあなたのことを最初はいいなと思っていたとしても、時間が経過するにつれて好きな気持ちが薄れていくということもあります。

相手にとってあなたの印象が良いときに行動したほうがカップルになれる可能性が高くなるでしょう。そのためにも、待っているよりは自分から動いたほうがいいのです。

相手が見極めるために時間を使いたいと思っている気持ちを遮って、「今付き合わないと逃すよ?」というプレッシャーを与えましょう。
「いい感じかも!」と思ったり、相手からデートに誘われることがあったりしても、告白されるとは限りません。相手も告白しようと思っていないかもしれないですよね。

もしかしたら、あなたとはいい友達として付き合っていきたいと思っている可能性もありますよ。その意識を変えるためには、あなたから告白したほうがいいでしょう。

結果がどちらに転んだとしても、恋愛対象として相手の中に入っていくことが大事なのです。待っていても告白されないまま関係が終わることもありますよ。
あなたが「もうすぐ告白されそう…」と思いながら待っていたとしても、デートを重ねることで相手が「なんか違うかも…」と思うと気が変わる可能性もありますよね。

相手から誘われるということは、あなたにとっては「自分に興味を持ってくれている」「自分のことが好きなんだ」と判断する材料にもなります。

しかし、相手に誘われるという華があるうちに自分から告白したほうが気が変わるのを防ぐことができてカップルになれるかもしれないですよね!
自分も相手のことが好きになっている、相手も自分のことを気にかけてくれているというのが分かっているときというのは、「なんだか盛り上がっている!」というのが自分でも分かるときになりますよね。

この盛り上がりのタイミングは逃さないほうがいいですよ!告白待ちをして盛り上がっているときを逃してしまうと、一番いいタイミングを失ってしまう可能性があります。

相手が動くとは限らないので、ここは自分から告白して早くゲットしたほうがいいでしょう。
自分から告白するのはとても難しいことです。確かに、告白してもらったほうが楽で嬉しさもありますよね。ただ、待っていてもダメなときは自分から動いてみてください!
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事