2021.02.02

百聞は一見に如かず!?彼に【連絡するより会ったほうがいい】理由って?

好きな人ができると、「今日どれだけ連絡ができたか…」「今日は向こうから連絡がきてハッピー!」「今日は連絡が途切れなかった!」などのように連絡面に注目することが多くなるでしょう。

しかし、連絡ができればそれで満足するのでしょうか?本当は10回連絡するなら会いたい、連絡が少なくても会えればいいという気持ちもあるでしょう。

実は好きな人には連絡するよりも会ったほうがいいと言われています。その理由について紹介しますね。
LINEやメールでは、直接声を使って話しているわけではないので「これはどんな意味なの?」「もしかして相手を怒らせてしまったのでは?」などのように様々な誤解をしてしまうでしょう。

相手にも何かと誤解させてしまって、自分が思っていることの半分も伝えきれていないということがあるかもしれないですね。

そうなると、会って接したほうが目の前にいるので誤解させることも誤解することも少なくなります。誤解は恋愛の崩壊を招くこともあるので、会うことの大事さが分かるでしょう。
連絡するなかであなたが相手に「好きだよ。」と伝えたとしてもそれがどこまで伝わっているのか分かりません。連絡上になると、読む相手のテンションにも関わってくるので軽く済まされることもあるはずです。

しかし、会って気持ちを伝えると相手に真剣さが伝わります。また、好きとは言わなくてもあなたの接し方であなたの気持ちが相手に伝わることもあるでしょう。

連絡だけの関係よりも、きちんと会うことで自然と伝わる気持ちもあるというのを知っておくといいですね。
好きな人との連絡なので、自分の気持ちはその場で盛り上がることが多いでしょう。ただ、相手のことは想像しないとどんな気持ちでいるのか分からないですよね。もしかしたら盛り上がっていない可能性もあります。

しかし、直接会うことで相手がどう感じているのか分かってきたり、相手に「この子のこと好きかも…」という気持ちを持ってもらったりすることもできるでしょう。

連絡だけでは盛り上がり切れない部分が会うと盛り上がりやすくなるのです。相手の気持ちが盛り上がればますます恋愛が楽しくなりますよね。
会わなければ、「また会いたい」という気持ちを持つのは難しくなりますよね。連絡だけなら「また連絡こないかな?」「またLINEで話したいな…」ぐらいで終わってしまうでしょう。

しかし、会えば「また会えるかな?」「またカフェに行ったりしたいな…」と気持ちに幅が広がるようになります。

また、相手にも「また会いたいな…」という気持ちを持ってもらえる可能性がありますよね。また会いたいと思ったり思われたりするのが恋愛では大事ですよ!
恋愛をすると連絡の頻度を重視してしまいますが、会うことを優先に考えたほうが上手くいくでしょう。是非、会うことを意識した恋愛をしてくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事