2021.02.03

好きになっちゃった…【一目ぼれの恋】を実らせる方法って?

一目ぼれの恋をしたことがありますか?
一目ぼれをして胸が高鳴ったとしても、「これはただの一目ぼれだからどうにかなる恋ではない…」と諦めてしまうこともあるでしょう。

確かに、一目ぼれの恋って実らせるのは簡単ではなさそうですよね。
それだけに早めに諦めてしまおうという気持ちになることもあるでしょう。

しかし、一目ぼれの恋が実っている人もいます。
どうやって実らせたらいいのかについて紹介しますね。
まずは、相手に自分のことを知ってもらわなければなりません。
相手とはどこで知り合いましたか?また、どこで会うことが多いですか?

何回も会っていると自然と覚えることができるため、相手の前に何度も現れるようにしましょう。
例えば、毎朝同じ電車の同じ車両に乗るなどでもいいですよ。

そして、目が合ったらおじぎしてみたり、挨拶をしてみたりすると少しずつ相手に自分のことを知ってもらえるようになるでしょう。
相手と接点が持てるようになってきたら、一度だけ好意を伝えてみてください。
ここでは、「好きです…」という告白まではしなくてもいいでしょう。

単純に「いつも素敵ですね!」「いつも会えるのを楽しみにしていました!」ぐらいのことを伝えて、あなたが好意を持っているというのを分からせるといいのです。

相手が嫌な気持ちにならないぐらいのセリフにしてくださいね。
一度好意を伝えておけば、相手もあなたを意識しだすので効果的ですよ。
もっと接点が持てるようになって仲良くなれたら食事に誘ってみてください。
「今度〇〇のカフェに行きませんか?」「〇〇に美味しいお店があって一緒にどうですか?」など言ってみましょう。

勇気を出して誘ってみたら、そこで連絡先を交換できる可能性もありますよ。
そこからどんどん近づいていくこともできるので、ここは勇気を出したほうがいいでしょう。

もし断られたとしても、知っている相手なら恥ずかしさがありますが、元々が一目ぼれからのスタートなのでまた挑戦することもできますよね!
食事にも行けて、仲良くなれたと感じたらまた好意を伝えましょう。
この時は、「ずっと好きで誘っていました。付き合ってください。」などのようにしっかりとした告白にするのがおすすめです。

もしかしたら、再度告白をする前に相手はあなたに好意を持ってくれている可能性もありますよね。そうなると、両想いまであと一歩です。

両想いになれている気がしない場合でも、告白すると何かが変わる可能性があるので頑張ってください。
一目ぼれの恋が実ることはあります。
しかし、一目ぼれをしたのなら、自分からどんどん行動していかないと実るのがなかなか難しいということもあるでしょう。頑張って積極的になって一目ぼれを実らせましょう。
(ハウコレ編集部)


関連キーワード

関連記事