キステク

2021.01.26

その気にさせたのそっちだよ...?彼がムラっとする「キステク」

 たまには彼をドキドキさせたいな…と思ったら、キスのテクニックを磨いてみるのはどうでしょうか?
本当は教えたくない、彼がムラっとする「キステク」をご紹介します。
 
ガサガサの唇と口臭は気になっても指摘しづらいので、相手に我慢させてしまうかも…。

思い切り彼とのキスを楽しむなら、唇と口腔内のケアは必須です!

唇は荒れがなくプルプルと潤った状態ですか? ひび割れがある場合は相手以前に自分自身がキスしづらいですよね。唇は水分が不足し乾燥やすいパーツなので、こまめな保湿を心がけましょう。

口臭は自分では気がつきづらいもの。毎食後の歯磨きは必須ですが、できない場合でもうがいは欠かさず行いましょう。口腔内を清潔に保つことは彼への気遣いにつながります。
 ふたりきりでいる時にキスする雰囲気かな?と思ったら、ぎゅっと抱きついたり体に触れたりして甘えてみましょう。

「キスしたいな~」の合図を送ることで彼の気持ちをいっそう盛り上げます。

でもキスの最初のタイミングは彼に委ねて。あくまでもこちらはサインを送るだけ♡
 
 キスの最中は愛情をたっぷり込めて優しく体に触れて。腰に手を回しても腕を掴んでも、肩に乗せてもOK。

がしっとホールドするのではなく女性らしくとにかく優しく、あたたかい手で意識的に彼の体に触れていてください。

キスに加えて触れているところが気持ちよくてムラムラします♡
キスの前、キスの後は彼と向き合ってじっと目を見つめましょう。余計なことは話さず、とにかく目で訴えるイメージで♡

たまにキス中に目を合わせてもいいですね。ちょっと上目遣いで見つめる姿は彼の一挙手一投足を待つ感じでとっても従順な印象に。

かわいくてムラっとします!

彼がムラっとする「キステク」をご紹介しました。さあ、実践あるのみ!

次回のデートでチャレンジしてみてくださいね♡

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事