2021.02.09

彼との関係を維持したい♡【デート中】に注意するべきこと4選!

彼とラブラブでいるためには、お互いある程度マナーを守って接することが大切です。デート中に無意識にした行動で、実は彼を幻滅させているかもしれませんよ。

そこで今回は、デート中に注意するべきマナーを4つご紹介します。
男性は女性のマナーを意外と見ているものなので、あらためて自分の行動を見直してみてくださいね。
無意識に触りがちなスマホは、いじる頻度が多すぎるとマナー違反になります。せっかく一緒にいるのにスマホの画面ばかり見られたら、放っておかれる側は悲しいですよね。

急ぎの連絡以外はデート後にして、すぐ返信する必要がある場合は彼に断りをいれましょう。「仕事のことで連絡しなくちゃいけないからごめんね」「5分だけ電話してきてもいいかな」など、申し訳ない気持ちを伝えれば大丈夫です。
食事のマナーをしっかり覚える必要はありませんが、最低限のマナーは守るべきです。例えばお箸の持ち方や、ナイフ・フォークの使い方など。手元のマナーはとくに目立つので、注意が必要です。

食べ方が汚い場合や食べ物をポロポロこぼす場合も、幻滅されやすいため気をつけてください。丁寧な食べ方を意識することが大切です。

テーブルマナーを求められるレストランで食事をする際、マナーに自信がなければあらかじめ正直に伝えておくことをおすすめします。先に伝えておけば、ちょっとしたマナー違反があっても大目にみてもらえるでしょう。
デート中に彼が可愛い女の子を見ていたら、気になりますよね。彼も同様に、あなたがイケメンに見とれていたら気になります。

ほかの女性や男性を見ること自体はマナー違反ではありませんが、彼との会話が頭に入ってこないくらい見とれるのはNGです。イケメンがいたら「あの人かっこいいね」と彼に伝えつつ「あなたのほうがかっこいいけどね」と、彼をフォローするとよいでしょう。

彼が可愛い女の子に見とれていたら「あの子かわいいね」と2人の共通の話題にしてしまえば、気まずくなりませんよ。
気を許せる彼の前でまで言葉遣いに気をつけたくない、と思う人は多いでしょう。しかし言葉遣いが汚すぎると、彼はあなたに女性らしさを感じなくなってしまいます。

基本的には普通に喋って問題ありませんが、ガサツな言葉や汚い言葉は使わないほうが無難です。人の悪口につながる言葉も、なるべく避けることをおすすめします。

言葉遣いがきれいな人は雰囲気にも現れるので、この機会に言葉遣いを見直してみてはいかがでしょうか。
デート中のマナーは、お互いが楽しくデートするために守るべきものです。スマホを触る頻度・食事のマナー・異性への視線・言葉遣いの4つに気をつけて、楽しいデートにしてください。

少し意識するだけでも、彼からの印象はグッとよくなるはずです。できることから始めてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事