2021.02.15

泣いちゃいそう!自分だけがモテなかった【悲しい話】

 
生きてさえいれば嬉しいことや悲しいこともあるでしょう。その中でも恋する乙女的に悲しい部類に入ってくるのは、「友達はモテていたのに、自分だけがモテなかった」という状況なのではないでしょうか。
 
恋愛をしたいのに、自分だけ周りの男性から需要が無くて、1人ぼっちだと分かると、かなり傷つきますよね。出会った相手との相性が悪かっただけですが、その場ではどうしようもありません。
今回は、自分だけがモテなかった悲しい話について、ご紹介していきます。
 
友達に誘われた飲み会や合コンに誘われたとき、周りの女の子は、「モテそうだね」「彼氏いるの?」などと聞かれていたのに、自分だけなぜか聞かれなかったという状況に会たことのある方も、いるのではないでしょうか。
 
自分だけが褒められない状況になっていたので、友達がフォローして「可愛いよね」と言ってくれると、余計にみじめな気持ちになって悲しくなるでしょう。男性との出会いの場のトラウマになってもおかしくありません。
 
自分だけ明らかに褒められていなかったり、質問されなかったら傷つきますよね。単純に男性のタイプに当てはまっていなかっただけなので、気にする必要はありません。逆に気遣いもできない男性に、惚れられなくてよかったという考えをしましょう。
 
 婚活パーティーに参加して、結婚相手を見つけるということをしている方も、最近では多くなってきています。フリータイムで気になった相手と話せる時間がありますが、その場で自分だけ周りに誰もいなかったということもあるようです。
 
少女漫画などでは、誰かが気を遣って付か寄ってきてくれたりもしますが、現実ではなかなかありません。友達も気を遣ってくれて「いい男いなかったね」と言ってくれたけど、自分だけに誰も来なかったことがショックで、あまり話しも聞く状態ではありませんよね。
 
友達がモテている分、余計に自分がモテなかったということにショックを覚えます。その場で気を遣って話しかけるような男性が、本当に心から優しくて気も遣える性格なので、今度からはそういう男性を狙っていきましょう。
 
男性が多く学校に通っていると、多くの女性はモテていて、告白もされたことがあるはずですが、自分だけは告白されていないという状況もあります。告白されないとなると、男性と上手に話せているのか振り返ってみてください。
 
いつも素っ気ない態度を取っていたり、あまり話していなかったら近寄ろうとしても近寄れません。もう少し男性から見ても、話しやすい雰囲気を作るようにすると、一気にモテ始めるかも知れません。

友達と飲んでいた時に、隣の席にいた男性に声をかけられて、一緒に飲み始めたという経験をしたことがある方も多いでしょう。
 
友達は皆男性と話しているのに、自分だけ放置されたということもあるようです。そのまま友達はお持ち帰りされて、1人だけ家に帰ったという状況は寂しそうに聞こえますが、良い男性はナンパなんてしないので、お持ち帰りされなくて正解です。
自分だけモテなかったという場合は、相性が悪かったということなので、相性の合う男性を探すか、もっと自分を磨いてみてはいかがでしょうか。
(ハウコレ編集部)

関連記事