2021.02.25

勘違いされるきっかけになる?好きな人に恋愛相談するデメリットとは?

好きな人に恋愛相談をするデメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

好きな人との関係を進展させるためには、恋愛相談をするのが効果的なこともありますが、逆効果になってしまうこともあります。

ここでは、好きな人に恋愛相談をするデメリットの方に注目してみましょう。
考えられるデメリットには、以下のようなものがあります。
好きな人に恋愛相談をするデメリットには、好きな人に「他に好きな人がいる」と勘違いされることが挙げられます。

なんとなく、好きな人相手に恋愛相談なんてしないだろうという思い込みがあるため、彼はあなたは自分以外の人が好きなんだと思ってしまうのです。

違う人を好きなんだと勘違いされてしまうと、たとえ彼もあなたに好意があったとしても、「違う人を好きなら諦めよう」と思ってしまうことも…。

これでは、本末転倒ですね。
好きな人に恋愛相談をするデメリットには、彼に脈なしだと思われてしまうことが挙げられます。

勘違いされることと似ているのですが、好きな人に恋愛相談をした時点で、場合によっては「自分は脈なしなんだな」と思われてしまう可能性も否定はできません。

こちらについても、やはり「普通は好きな人に恋愛相談なんてするはずがない」という先入観があるため、「恋愛相談をされた=脈なし」となってしまうのでしょう。

好きな人に恋愛相談をするときには、さりげなく好きな人の特徴を伝えるなどして、「好きな人があなたである」ことを匂わせていくことが大切です。
好きな人に恋愛相談をするデメリットには、応援されてしまうことが挙げられます。

恋愛相談をし過ぎると、あなたと架空の好きな人のことを応援されてしまい、告白するチャンスを逃してしまうことも。

・好きな人が誰なのか教えて
・俺の知ってる奴なら、仲を取り持つよ

なんて言われるようになったら、好きな人は、あなたの好きな人は自分ではないと安心しきっています。

こうなると、告白してもうまくいく可能性は低くなってしまいますから、応援されるまで相談しないように気をつけましょう。
好きな人に恋愛相談をするデメリットについて、紹介しました。

好きな人に恋愛相談をすることはメリットもありますが、やり方を間違えるとデメリットになってしまうため気をつけなくてはなりません。

程よく恋愛相談をして、好きな人の気持ちを引き寄せていけるといいですね。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事