2021.03.02

会うべき?【紹介された人】が好みじゃない時の対処法って?

紹介された人が好みじゃなくても、会った方がいいのでしょうか。

友人から男性を紹介してもらうことも多いと思いますが、写真を送ってもらった時点で「この人あまり好みじゃないな…...」と感じてしまうこともありますよね。

見た目が好みではないと、会うのも億劫になってしまいますが、紹介してくれた友人のためにも会うべきなのかな…...と悩んでしまうもの。

ここでは、紹介された人が好みではなかったときの対応について紹介していきます。

結論を先に言ってしまうと、たとえ見た目が好みではなくても、一度は会ってみるべきだと言えます。

その理由を、具体的に見ていきましょう。
先ほども述べたように、たとえ紹介された人の見た目が好みではなくても、一度は会ってみるべきです。

ありきたりな言葉になりますが、人は見た目が全てではありません。

見た目よりも、性格や価値観など重視するべきポイントはたくさんあります。

それらを、会ったことのない人の写真1枚で判断することができますか?

会って話してみたらいい人だった、というケースは意外と多いもの。

見た目だけで全てを判断してしまうと、せっかくの出会いのチャンスをなくしてしまいます。

あまり好みじゃないな~と思っても、一度は会ってみることをおすすめします。
紹介された人の見た目が好みではなくても、紹介してくれた友人を信じて会ってみましょう。

彼は、あなたのことをよく知っている友人があなたのために紹介してくれた人です。

友人なら、あなたがどんな人がタイプなのかも知っているはず。

それに、どうしようもないダメ男を友人に紹介するはずがありません。

つまり、友人に紹介された人は、その時点である程度いい人であることが保証されているようなものなのです。

そんな人を、「見た目が好みではない」という理由だけでフェードアウトしてしまうのは、もったいないと思いませんか?

もちろん、友人が紹介してくれた人であっても自分とは合わないということもあるでしょう。

性格や価値観などが合うかどうかは、やはり会って話してみないと分からないもの。

まずは会って話をしてみて、それから今後どうするかを決めても遅くはないのではないでしょうか。
紹介された人が好みではなかったらどうする?について、お話しました。

色々な考えがあるとは思いますが、たとえ見た目が好みではなくても、一度は会ってみることをおすすめします。

会ってみたら意外といい人だったというパターンは多いですし、そこから恋愛につながる可能性もありますよ。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事