2021.02.27

年の差なんて関係ない!【年下男性】への効果的なアプローチ法って?

好きになった男性が年下だった場合「どうアプローチすればいいの?」と悩む女性は多いようです。「迷惑がられたらどうしよう」「そもそも年上は恋愛対象外かも」なんていろいろと考えてしまって、相手が同い年や年上の男性のときよりも消極的になってしまいがち。

そこで今回は、年下男性への効果的なアプローチ方法をご紹介します!
年下男性との距離を縮めるために、まずは共通の話題を見つけましょう。職場が同じだったら仕事の話題でもいいですし、そうでなければ、音楽、趣味、好きなテレビ番組など、とにかく年下男性に「この人とは気が合うなぁ」と思わせることがポイント。

男性側も、相手が年上だということでなにを話せばいいか迷っているかもしれないので、あなたから共通の話題を振ることで「話すことがなくて会話が盛り上がらない……」なんて事態を避けられますよ。
年上だからって、無理してお姉さんぶるのはNG。年下男性にとって頼れるお姉さんにはなれるかもしれませんが、恋人候補からは外れてしまう可能性があります。

相手が年下男性でも、LINEではかわいいスタンプを使ってみたり、天然っぽいところを見せてみたりなど、ギャップをアピールするのが効果的です。「実はかわいらしいところもあるんだな」と思ってもらえて、親近感を持ってもらえますよ。
あなたが先輩で年下男性が後輩だと、どうしても上下関係があるので、距離が縮まりにくいですよね。

恋人関係になりたいときは、プライベートでは敬語を使わず話してみたり、相手男性のことをニックネームで呼んでみたりして、上下関係を取り除けるように頑張ってみましょう。フランクに話ができるようになれば、恋の話や相談も気軽にできる関係になれるはずです。
年齢に関係なく、男性は女性から頼られることをうれしく思います。ですので、なにか頼み事をして「〇〇(相手男性の名前)さんはやっぱり頼りになるね」と言ってみるのも効果的です。

ただし、お金に関することや、面倒ごとを頼むのはNG。「俺って利用されてる?」と感じて、距離を置かれてしまうおそれもあります。相談に乗ってもらう、自分では持てない重い荷物を持ってもらうなど、〈ちょっとした頼み事〉にとどめておくのがおすすめです!
男性のなかには「相手が年上でもOK」と思っている人も多いので、年齢は気にせず、好きだと思ったら積極的にアプローチしちゃいましょう。

相手が職場の男性のときや、先輩、後輩の関係の場合は、まずは対等な立場で会話できるようにするのが大切。あとは、かわいらしさやギャップをアピールして、年下男性の心を掴んでいってくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事