2021.02.28

無意識に送ってない?彼氏をガッカリさせる【残念LINE】4選!

ケンカをしたわけでもないのに、急に彼氏からLINEの返信が来なくなった……なんて経験がありませんか?もしかすると、それはあなたが送ったLINEの内容に問題があったのかもしれません。

そこで今回は、彼氏をガッカリさせる残念LINEをご紹介します。無意識に残念LINEを送ってしまっていないか、一度チェックしてみましょう。
彼氏とのラインでスタンプを多用している女性は要注意。特に、スタンプを連投すると「なんて返事してほしいの?」と男性が戸惑ってしまいます。しかも、スタンプが届くたびにLスマホの通知音がなるので、忙しいときはちょっと勘弁してほしいかも……と嫌がる男性もいるみたい。

スタンプはほどほどして、会話を楽しむように心がけてくださいね。
「私は」「私が」など、主語がいつも自分になっているLINEも彼氏をガッカリさせてしまう可能性が。「いつも自分の話ばかりだな」と思われてしまい、そのうちめんどくさくなって既読スルーされてしまう……なんてケースもあります。

自分の話はほどほどに。たまには、彼氏の話もしっかり聞いてあげましょう!
「疲れた」「しんどい」など、ネガティブな内容のLINEばかり送っていませんか?嫌なことがあるとつい愚痴をこぼしたくなる気持ちはわかりますが、男性からは「毎回はげますのが大変」なんて意見も。

ネガティブなLINEばかりでは、相手の気分も暗くなってしまいます。できるだけ、明るい話題を心がけましょう。
「こういうところが嫌なんだけど」「どうしてあの時あんなこと言ったの?」といった風に、彼氏への不満をLINEで送っていませんか?彼女から来たLINEが自分を責める内容だと、返信するのが嫌になってしまいますよね。

不満や文句があるときは直接顔を合わせて言うのがベターです。あまり言いすぎると、険悪なムードになり、ケンカに発展してしまうかもしれませんよ。
彼氏だと、気を遣わずつい自分の思ったことをそのまま送ってしまいがち。でも、恋愛は相手への思いやりが大切です。送信ボタンを押す前に一旦手を止めて「彼氏はどう思うかな?」と考えてみましょう。そうすれば、彼氏をガッカリさせる残念LINEになってしまうのを防げますよ。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事