2021.03.02

振り向いて欲しい!「片思い」の男性との心の距離の縮め方って?♡

恋愛をしてくると、片思いの男性と少しでも仲良くなって、自分に振り向いて欲しいと考えている女性もいらっしゃるかと思います。

積極的に連絡をしたり、デートを何回も繰り返すなど、お互いの距離感を意識しながら、自分の思いをアピールするかもしれません。

しかし女性からしてみれば、距離を縮めようと思っても何となく恥ずかしくなったり、不安な気持ちになる場合もあります。

そこでこの記事では、片思いの男性との心の距離の縮め方についてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。
片思いの男性とデートをしている時に、会話をしながらお互いの共通の趣味を持つことで、一気に距離が近くなります。

例えばカラオケデートをしているのでしたら、なんの曲が好きなのかわかるので、「私もこのアーティスト好きだよ」と言いましょう。

男性も自分と同じアーティストが好きだとわかれば、親近感が得られますから、2人の距離はグッと縮まります。

お互いに好きなアーティストが同じなら、次のデートも誘いやすくなりますので、どんどん距離が近くなります。
吊り橋効果がありますが、ドライブや遊園地などでデートをして、心拍数を上げることをすると、「恋をしているのかな?」という感覚になります。

この吊り橋効果を好きな人とのデート中に行うことで、男性もドキドキしていますから、一気に2人の距離を縮めれます。

特にお化け屋敷やジェットコースターなどは吊り橋効果を得られやすいので、このドキドキは恋なのか?と勘違いさせるテクニックです。

もしかしたら片思い中の男性と付き合えるかもしれません。
好きな人とデートをすると、何となく照れくさくなり、なかなか手を繋いだり腕を組めない方がいますが、距離を縮めるためにも積極的に行動しましょう。

自分から積極的に男性の手を繋ぐことで、ドキッとしてくれますから、一気に2人の距離が縮まり、ラブラブできるようになります。

例えば、手が冷たいと言いつつ男性のポケットに手を入れることで、男性もドキドキしながら、受け入れてくれます。
男性とデートをする時に食事もするかと思いますが、L字のテーブルに座ることで、2人の距離がグッと縮まるテクニックです。

真正面に座ってしまうと、何となくお互いに緊張してしまい、上手くは話せなくなる場合があります。

しかしL字テーブルですと、お互いに斜めで会話をしますから、緊張もほぐれてお互いの距離が縮めやすくなります。
好きな片思いの男性とお互いの距離を縮めるためにも、積極的にスキンシップをしたり、共通の趣味を見つけましょう。

共通の趣味があるだけでも、親近感を得られますから、信頼関係も築けますので、お互いの距離も一気に近くなります。
(ハウコレ編集部)

関連記事