2021.03.20

実は仲良しカップルでも喧嘩はある!火種になりやすい3つの原因って?

どんなに仲良しのカップルでも、ちょっとしたことで喧嘩になってしまうことはよくあること。もちろん喧嘩が嫌で我慢してしまうこともあるかもしれませんが、我慢の限界になると、大きな喧嘩に発展してしまうことも少なくありません。

そんなことが喧嘩になるの?と思いがちな、喧嘩の火種になりやすい3つの原因について迫ります。
仕事や友達の付き合いと分かっていても、メンバーの中に女性がいたら、少なくともいい気分にはなりませんよね。
友達だから気にする必要はない、と考える人もいれば、もしかして浮気をしてしまうかも…...と、怪しい関係を疑って原因を絶っておきたいと思うこともあるでしょう。

もし女友達と仲良くするのが嫌と思うなら、ここは遠慮なく彼に伝えるのがベスト。黙っていると、よかれと思ってそのまま女友達と仲良くしてしまうことも...…。

彼にその気がなくても、彼女が不安になってしまっていること自体、喧嘩の火種になってしまいます。嫌なことは嫌!とはっきり伝えておくのがベストです。
食事のマナーが悪い、店員さんに対して横柄な態度を取るなど、無意識でも相手をイライラさせてしまうことがあるかもしれません。無意識なので自分で気が付くことは難しく、注意しても直りにくいのが特徴でもあります。

自分はそこまで意識していなくても、相手が嫌な様子を見せたり、喧嘩になったことがあるならば、相手が嫌がっている合図と考えるとよいでしょう。

自分では気が付かないことなので、「これはこうしてもらえるとうれしいな」など、お願いベースで伝えてみると効果ありです。
ついやってしまうのが、「〇〇の彼氏はこんなことしてくれるんだって」と、他の男性と比べてしまうこと。
他の男性と比べて闘争心を燃やす方法もありますが、比べられていい気分になる男性はいないと言ってよいでしょう。

彼は彼でいいところもありますし、他の男性がやっていることが正しいこととは限りません。
彼のいいところを見つけてあげて、「いつもありがとう」と伝える方が、喧嘩の火種になりにくくなるでしょう。
せっかく一緒にいるなら、喧嘩をするよりも仲良く過ごしていたいものです。もし喧嘩の火種になってしまうようなことがあれば、今すぐ消しておきましょう。

普段どのようなことで喧嘩になってしまうのか、分析していくと、似ていることで喧嘩になってしまうことは意外と多いものです。

もし喧嘩の火種になってしまうようなことがあれば、普段一緒にいるなかで消していけるとよいですね。
(ハウコレ編集部)

関連記事