2021.03.30

「彼氏の機嫌が悪い...!」状況別の対処法3選とは?

誰にでも機嫌が悪いことはあるでしょう。しかし、デート中に彼氏の機嫌が悪くなってしまうと、居心地の悪い思いをしてしまいます。

また、デート中はもちろん、同棲中に彼氏の機嫌が急に悪くなると疲れてしまいますし、電話中に機嫌が悪い彼氏の場合も嫌になってしまうかもしれません。

普段は温厚で優しい彼なのに、急に機嫌が悪くなったらどうすれば良いのでしょうか。あなたに非がある場合は謝る必要がありますが、何かトラブルや彼の友達からの連絡で急に機嫌が悪くなると、対処に困ってしまうこともあるでしょう。そういう場合の状況ごとに対処法を3つ紹介していきます。
デート中、彼氏の機嫌が悪くなった場合でも急にデートを中止することは現実的ではありません。そういう時には、デートプランを変更するようにしましょう。

たとえばカフェで向き合っている彼氏がスマホを見てイライラしている状況は、あなたにとっても良いものではありません。そんな時は、まずカフェを出て歩きつつブラブラするデートに変更するのがおすすめです。

身体を動かすことで彼氏も気分転換ができますし、あなた自身も不機嫌な彼氏と向き合う必要がないのでリラックスできるでしょう。デートだけに集中する状況では機嫌も治りづらいので「歩きながらデート」や「ゲームをしながらデート」など、「ながらデート」に変更するのがおすすめです。
同棲中に彼氏の機嫌が悪くなった場合でも、急に出かけると不自然ですし彼は見捨てられたように感じて寂しくなってしまう恐れがあります。

その場合は、別室に行ってほとぼりが冷めるのを待ちましょう。仕事の連絡などで急に機嫌が悪くなった場合でも、冷静になればいつもの彼氏に戻ってくれるはずです。

ただし「あなたの機嫌が悪いから違う部屋に行くね」と言うと彼氏がさらにイライラする原因になるので「ちょっと眠いから寝室に行くね」など、良い口実を探して席を外すようにしてください。
電話で仲良く話していたのに、なんだか彼の機嫌が悪くなってくるということもあるでしょう。そんな時はあなたもイライラしてしまいがち。しかし、その状態で電話を続けていると、喧嘩になってしまいお互いにさらにイライラする恐れがあります。

そのため、電話越しに彼氏のイライラを察知した場合は、用事があるふりをして早めに切るようにしましょう。実家暮らしなら家族に呼ばれているふりをしたり、一人暮らしでも他の人から着信があったふりをするのがおすすめです。無駄な喧嘩は避けた方がお互いに楽しく付き合うことができますよ。
機嫌が悪くなってもすぐに治せる人もいますが、内容によってはなかなかイライラがおさまらない人もいるでしょう。

自分に原因がないのに、イライラしている人と正面から向き合っていてもあなたが疲れてしまうだけで、良いことはありません。彼氏が急にイライラした場合、無理をして付き合わないようにしましょう。

上手に距離を置いて自分の好きなことをする方が有意義な時間が過ごせるはずです。彼を刺激してさらにイライラさせないように、自然に放っておくテクニックを身に着けておくと良いかもしれません。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事