2021.03.30

彼の母親が好きになれない...!【結婚】しても大丈夫なの?

恋人として彼の家に遊びに行った時、あるいは結婚の挨拶に行った時に彼の母親と対面する機会はあるでしょう。そんな時、気が合って仲良く過ごすことができれば最高です。あるいは、相性が良くなくてもお互いに当たり障りのない大人の会話ができれば問題はないでしょう。

しかし、もし彼の母親が妙に攻撃的な人の場合はどうすれば良いのでしょうか。直接嫌がらせをしたきたり、彼のいないところで嫌味を言ってくるような彼の母親との付き合い方、そしてそんな母親を持つ彼と結婚しても大丈夫かどうか解説していきます。
彼の母親があなたに対して明らかに敵意を持っている場合、あなたが一人で抱え込む必要はありません。彼にとっては実の母親の悪口になるため言いづらいかもしれませんが、彼には正直に話しておくようにしましょう。

耐えて耐えて、耐えきれなくなってから急に言うと彼もビックリしてしまいます。こういうことは、最初から伝えておくのがおすすめです。「もしかしたらお義母さんに嫌われているのかもしれない」や「ちょっと相性が悪いみたいで会うのが厳しいかもしれない」と、言われたことやされたことと一緒に伝えておきましょう。
どんなに彼の母親との相性が悪くても、結婚して縁続きになった以上は完全に避けることは難しいでしょう。たとえば年賀状のやり取りやお中元やお歳暮の手配など、最低限の付き合いは我慢してこなすのがおすすめです。

年に一度くらいでしたら、帰省して顔を見せることも我慢した方が良いかもしれません。最低限の大人としての礼儀をこなしておくことで、周りの親戚を味方につけることもできます。自分から孤立すると不利な立場に追い込まれる恐れがあるので、最低限の付き合いは我慢してこなしましょう。
こちらがどんなに大人の対応をしようと思っても、彼の母親が受け入れようとしない場合は努力が無駄になる場合もあります。その場合は、最低限の付き合いもこなさない方がお互いのために良いかもしれません。

あなたは彼の実家とやり取りをしないようにして、帰省の時も顔を出さなくても良いかもしれません。しかし、そのように避ける場合は、彼の母親の話をしないようにしましょう。会っていない状態なのにいつまでも昔の話をして悪口を言うのは彼にとっても不快になってしまいます。

徹底的に避けるのであれば、もう悪口も言わないようにして、完全に彼の母親のことを忘れて彼との幸せだけを考えるのがおすすめです。
結婚すると相手の家族や親戚とも付き合う必要があるため、最初の段階で彼の母親と相性が悪いと結婚しても良いのか悩む人は多いでしょう。

しかし、同居ではなく彼があなたの味方になってくれるのであれば、相性の悪い両親や兄弟姉妹、親戚がいても結婚の支障になることはありません。

大切なのは、彼があなたをしっかり守って尊重してくれるかどうかです。彼の家族や親戚との相性ではなく、彼の行動に注目して結婚するかどうかを決めるようにしましょう。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事