2021.04.13

デートが名残惜しい!別れ間際に彼氏のハートを掴む行動や態度って?

大好きな彼氏とデートをしていると、あっという間に楽しい時間が過ぎてしまい、
「もうこんな時間なの(笑)」ってことよくありますよね。

まだ一緒にいたいと感じますし、デートが名残惜しいと思う瞬間のある方もいらっしゃると思います。別れ間際に彼氏のハートをつかみたいと考えちゃいますよね。

そこで今回は、デートが名残惜しい!と思っている方のために、別れ間際に彼氏のハートをつかむ行動や態度について、ご紹介していきます。
彼氏とのデート中は普段と変わらない態度をして、別れ間際に近づいていくごとにギャップを見せることで、ハートをつかむことができます。

例えば、デート中はいつものように明るい笑顔を見せて存分に楽しみ、自宅が近くなるにつれ、徐々に悲しい表情を見せることで、ドキッとして「まだ一緒にいたいのかな?」と思わせれます。

こうしてあなたが普段とは違うギャップを彼氏に見せれば、愛おしくなり抱きしめてくれるかもしれません。
いつものデートでは寂しいと思いつつ、翌日の仕事や学校のことを考えて、渋々帰ることでしょう。そういったときだからこそ、あなたの気持ちを素直に伝えることです。

今日彼氏とデート中の方は、いつものように帰るのではなく、別れ間際に「〇〇ともっといたい」「まだ帰りたくない」と寂しそうに伝えることで、ドキッとして胸キュンしてくれますよ。

次のデートではいつもよりも愛してくれるようになりますし、もっと頑張って早い時間から遊んで、会える時間を長くしてくれるかもしれません。
普段彼氏と長い時間抱きついたりしていないのでしたら、デートが名残惜しいと思った時は、別れ間際にいつもよりも長くギュッと抱きしめることです。

いつも長い時間抱きしめてこない彼女が、この日に限ってギュッと抱きしめてくると、キュンっとなり離したくないと感じますので、彼氏のハートをつかむことができます。

大好きな彼女だからこそ、いつもよりも可愛く見えて、「付き合ってよかったな」「大切にしよう」と強く思ってくれます。
やはり男性は女性の上目遣いに弱い性格をしていますから、彼氏とデートをして名残惜しいと感じた時は、「私と一緒にいたくないの?」と言いつつ、上目遣いでちょっぴりすねることです。

彼女に別れ間際に、上目遣いでちょっぴり拗ねた表情で「もう帰るの?」と言われて嫌な気分になりませんし、ハートをつかむことができます。
いかがでいたか?男性は単純な性格をしていますから、「デートが名残惜しい!」と思ってしまったら、寂しい表情や悲しい表情を見せて、別れ間際に甘えることです。

彼氏はもっと一緒にいたいと感じますし、離したくないとギュッと抱きしめてくれますよ。次のデートも頑張ろうってなりますから、これまで以上にラブラブカップルになるかもしれません。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事