2021.04.13

これって大丈夫?【電話で告白】する時の注意点って?

好きな人に告白したいけど、直接会って想いを伝える勇気がない!という方もいらっしゃることでしょう。

だけど電話で告白して失礼じゃないかな?成功するかな?と不安になるかもしれません。

お互いに相手の顔が見せませんから、あなたの本気度が伝わりにくいですし、男性によっては「え?ドッキリ?」と思ってしまうこともあります。

そこで今回は、電話で告白する時の注意点や成功率を高める方法について、ご紹介していきますので、あなたの参考になれば嬉しいです。
やはり電話での告白になりますから、うまく相手に伝わらなかったりすることがありますので、しっかりとセリフや会話の流れを考える必要があります。

相手がこう言ってきたら私はこう返すなど、イメージを考えておくことで、しっかりと伝わるようになります。

またある程度の緊張もほぐれますから、ノープランで挑むよりも告白のプランをしっかりと考えた方が成功率を高めることができます。
やはり相手の男性が仕事などで忙しかった場合は、いきなりあなたから電話が来たとしても、出れませんし告白ができません。

なので、「この日に電話で話したいことがある」「いつなら電話してもいい?」と相手にしっかりと確認をしておきましょう。

後は事前に決めておいた告白のセリフを相手に「付き合ってください」「〇〇くんが好きです」と想いを伝えてください。
気になる人と一度もデートしてなかったり、1.2回デートをしたぐらいでは、まだお互いのことを理解できていませんから、告白したとしてもフラれると可能性があります。

少しでも告白の成功率を高めるためにも、2.3回はデートを重ねてあなたのことを最大限にアピールしておくことです。

きっとあなたにひかれているはずですから、電話で「〇〇くんが好きです!」と伝えれば、あなたの本気度が伝わりますよ。
あなたは告白をする気で相手に電話をしていますが、男性はいつものお喋りだと思っているので、相手の様子を見ながら告白しやすい会話に徐々に切り替えていくことです。

電話でいつものようになにげない会話をしている時に告白しても、男性からしてみれば「なに?ドッキリ?」と疑ってしまいます。

なのでさりげなく恋愛の会話に持っていき「いま好きな人いるの?」などの話をしながら、「実は好きなんだ、付き合ってほしいな」と真剣に伝えましょう。
電話での告白はお互いの表情が変わりにくいので、なかなか想いが伝わりませんから、絶妙なタイミングでいかにあなたの本気度を伝えることです。

事前から何度もデートをしてアピールしたあとは、どうやって告白をするのか?プランをしっかりと考えることで、成功率が高まりますからきっと付き合えますよ。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事