2021.04.15

見逃してるかも!【シャイな男性】の分かりづらいアプローチって?

 
好きな女性には遠慮することもなく、アプローチすることのできる男性もいますが、その反対に、好きな女性を前にすると、まったくアプローチができないという、奥手な男性もいます。奥手な男性は、アプローチをしても分かりづらいのが特徴です。 
 
アプローチされてないと考えてしまい、男性からのアタックに全く気が付かないという方も、多いのではないでしょうか。今回は、シャイな男性の分かりづらいアピールについて、ご紹介していきます。
 
奥手な男性は、普段あまり話しかけることができないですが、挨拶ならギリギリ自分から話しかけることもできます。会社や学校で、挨拶を交わすことがシャイな男性に残された唯一のチャンスだと言っても良いのではないでしょうか。 
 
朝何時に会社や学校へ行くのかは、だいたい分かるので、一緒の時間になるように調整したりする方も、多いのではないでしょうか。社会人だと、好きな女性が残業で働いていたら、自分残るということもあるようです。
 
「おはよう」という言葉を言いたいがために、時間を合わせたといいうこともあります。何回か同じようなことがあったとしても、「偶然かな」と感じてしまいますよね。もう少し分かりやすくしてもらえると、女性からもアプローチできそうです。
 
職場の同僚や、仕事関係で知り合った女性だと、簡単に態度を崩すことができないという男性も、いるのではないでしょうか。接点があまりなく、プライベートのことも知らないため、メッセージを送っても微妙な雰囲気になりますよね。
 
気軽にメッセージを送れないため、わざわざ仕事のことかのように、堅苦しいメッセージを考えて、連絡を取っている方もいるようです。堅苦しいメッセージが、アプローチだったとは、誰も思いつかないですよね。
 
プライベートなことを、メッセージで送るのは緊張したり、恥ずかしいと感じているため、仕事の確認内容をメッセージで送っていたという方もいるようです。仲良くなってからメッセージについて聞いてみると、脈ナシだと思われていたこともあるのではないでしょうか。
 
女性を前にすると、どうしても奥手になってしまう男性も、女性に合わせて頑張ろうとはしています。好きな女性と話すと頭が真っ白になるため、何を話しているのか分からないので、聞き役に徹するという方も、いるのではないでしょうか。
 
女性は基本的におしゃべりなので、話を聞いてくれる男性に心を許します。愚痴を聞くだけではなく、相談にも乗ってくれると、惚れるのも時間の問題ですよね。
 
 恥ずかしがり屋といっても、上には上がいるので、ほぼ気が付かないというアプローチをされている可能性もあります。
 
 アイコンを好きな女性関連の設定していたり、カラオケで好きな女性の好きな歌を歌ったりしていたようです。かなり控えめなアプローチなので、分かりにくいですよね。恥ずかしがり屋な彼なら、安心して家庭を守ってくれそうです。
 
シャイな男性は、自分から積極的にアピールすることもできないので、分かりづらいようなアプローチの仕方をします。もっと積極的になってほしいですよね。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事