2021.04.20

それくらいはお安い御用!「適度なわがまま」を言う女性が愛される理由4つ

わがままを言う女性なんて嫌われるに決まっていると思っていませんか?確かに、わがままを言い過ぎてしまう女性は嫌われます。わがままを理由に振られることもあるでしょう。

しかし、適度なわがままを言う女性は実は愛されるということを知っていますか?「わがまま=嫌われる」と思っていたら、なんでも我慢していい女になろうと思ってしまいますよね。

ちょっとくらいわがままなほうが男性は喜びます。なぜ適度なわがままを言う女性が愛されるのかについて見ていきましょう。
適度なわがままというのは、男性が叶えてあげられるわがままが多いのが特徴です。男性が「それくらいお安い御用!」と思えるものが多いため、そんなわがままを言う女性のことが可愛いと感じるのです。

可愛いと感じることができるほどに女性は愛されるようになるでしょう。もし、わがままを何も言わなければ、「理解力はあるけど可愛げがない......」という惜しい女になる可能性もあります。

わがまますぎる自分になってはいけませんが、「デートのときに〇〇食べたいから行ってもいい?」ぐらいは言えるようになると可愛いと思われますよ。
適度なわがままをいう女性は、素直な自分を出しているのが伝わってくるため男性が愛したいと感じるという要素も持っています。

我慢しすぎていない、自分の気持ちを伝えるのが上手という印象を男性が抱くため、好感度が増すのです。わがままを何も言わなければ「何考えているのかな?」と思われることが多くなるでしょう。

女性の素直さというのは男性がとても好きなところの1つです。素直というだけで愛される要素をしっかりと満たすことができますよね。
適度なわがままを言ってくれる女性に対して男性は「俺のこと頼ってくれているのが分かる」「俺のこと信頼してくれているのが分かる」などのように感じるでしょう。

信頼されているからこそ言ってくれているわがままと解釈してくれるのが適度なわがままです。信頼されると男性は嬉しくなるため、より相手のことを大事にしようという気持ちでいっぱいになります。

信頼してくれているから、そのわがままにも答えたいという気持ちにさせてくれることもあるのでしょう。
適度なわがままということは、わがまますぎることがないということです。わがまま過ぎる女性に対しては、男性は「もうこりごり......」「わがまますぎて無理......」と感じます。

わがまますぎる女性は自分のことばかり考えていて、自分さえよければいいという気持ちも持っているでしょう。そういうところが男性に伝わるため愛されません。

しかし、適度なわがままくらいなら、ちゃんと男性のことも考えることができる女性です。ちょうどいい関係になれると思われるため、愛されるのでしょう。
適度なわがままを言える女性というのは、男性から愛される秘訣をたくさん持っています。適度なわがままで男性を虜にしましょう!

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事