2021.04.20

彼にイライラ...!喧嘩せずに「感情をコントロール」する方法って?

どれだけ愛している彼に対しても、尊敬している彼に対してもイライラしてしまうことってありますよね。そんなときは、心の中で「なんなの?」という気持ちも育ってしまうでしょう。

しかし、彼にイライラしたからと言ってイライラをぶつけてしまうと、またイライラが大きくなってしまいます。喧嘩に発展したら面倒なことにもなるでしょう。

そこで今回は、彼にイライラしたときに喧嘩をせずに感情をコントロールする方法について紹介します。
彼の態度や発言にイライラしたときは、「今日は彼は疲れているのかな?」「疲れているから心に余裕がないのかな?」と思うようにしましょう。

彼にも心に余裕がなく嫌な態度をとってしまうことがあります。あなたに指摘されなくても彼は「今のはダメだったな......」と自分で反省している可能性もあるでしょう。

イライラしてその場で感情を伝えると喧嘩になるので「今日はそんな日なんだろうな......」と広い心を持って自分の中で解決させてしまいましょう。
彼にイライラした瞬間、彼のことを「この人なんなの?」とつい思ってしまうでしょう。しかし、人の心は鏡とも言われています。もしかしたら自分がイライラしたときは彼も自分にイライラしているときかもしれません。

そのため「イライラするけどお互い様なのかな......」「彼も今嫌な気持ちになっているのかもしれないな......」と考えてみましょう。

あなたがイライラしているということは、多少なりともあなたの態度も悪くなっています。余計に「お互い様」と思ったほうがいいと思いませんか?
彼にイライラすることがあったら、そのことばかりを考えてしまいませんか?頭の中でよりイライラが増してしまい、彼との空気感も悪くなりますよね。

そんなときは話題を変えてしまいましょう。テレビをつけて「これ面白いね!」と言うのもいいですし、彼が着ている洋服を見て「おしゃれだね!」と言うのもいいですよ。

今イライラしたことから自分でサッと視点を変えて気持ちを落ち着かせることが大事です。わざわざ喧嘩にもならないので数分経てば穏やかになれるでしょう。
彼にイライラしたとき、とてもじゃないけど彼に感謝することなんてできる余裕はないでしょう。しかし、喧嘩になりたくないと思っているのなら「そういう考えもあるんだ。教えてくれてありがとう」などのように感謝の気持ちを伝えましょう。

これは、自分の中でイライラを消すこと、彼に対して納得させるために必要なことと思うといいですよ。

彼も感謝されると「そんな風に受け取ってくれたんだ!」と思ってくれるので喧嘩に発展することがなくなります。
実は彼にイライラしたときというのは自分が成長するときでもあります。自分を成長させるきっかけになると思ったら喧嘩せずに感情をコントロールする努力ができそうですよね!

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事