2021.04.21

自分にも原因がある?何歳になっても「親が恋愛に口出ししてくる」女性の特徴

「もう成人しているのに親が恋愛に対してうるさい......」「もう30過ぎているのに親が口うるさい」「結婚できないのは親のせいでは?」などのように感じている女性もいるでしょう。

しかし、親がいつまでも自分の子供の恋愛に口出しをしてくるのには理由があります。もしかしたら、親だけが原因でないこともあるでしょう。

そこで今回は、何歳になっても親が恋愛に口出ししてくる女性の特徴について紹介します。
まず考えられるのが親が全く子離れをしていないということです。いつまでも自分の近くにいてほしい、人にとられたくない、結婚して家からいなくならないでほしいなどのように感じているため、娘の恋愛に色々言ってしまうのです。

こういう親はどこかで「別れないかな?」「恋愛がダメになればいいのに」と思っていることでしょう。そのため、別れたと報告すると嬉しそうな顔をするのも特徴です。

子離れできていない親と一緒にいると、娘のほうが苦労することも多くなるでしょう。
娘の私生活がだらしなくて彼氏ができると「この娘は大丈夫なのか?」「彼氏に迷惑をかけているのではないか?」と心配になって口出しをする親もいます。

また、だらしないところがあるために「このまま結婚となると上手くいくのか?」「相手の親からなんて思われるか......」などのように考えて口出しをせずにいられない親もいるでしょう。

親から色々と言われたくないと思うのであれば、自分が変わる必要があります。要するに、親から認められていない部分があるということですね。
あなたは、前回の恋愛で大きな失恋をしたり、相手に対して何か失敗していたりしませんか?前回のことがあるために心配して口を出してくる親もいますよ。

自分の子供がもう傷つかないか、また同じ失敗をしないかというのを親はずっと感じているのです。親にとっては心配になるのも当然と思っているでしょう。

あなたが成長できていたらいいのですが、できていないとなると余計に心配して口出ししてきますよ。
親を見て子供は育つと言いますが、娘の恋愛の仕方を見ていると「まるで若いときの自分にそっくりだ......」と思う親もいます。そのため、自分と同じ苦労をしてほしくないから口出ししてしまうのですね。

恋愛傾向が自分と似ているということは、娘の今している恋愛の結末が親には見えてしまうのです。心配でたまらなくてつい口出ししては娘と言い合うなんてこともあるでしょう。

口出しされる女性は、自分と親が似ているということを自覚して、親を安心させることができる恋愛をしなければならないですね!
親はきっと子供が何歳になっても口出ししてきます。ただ、子供からすると恋愛のことまで色々言われたくないでしょう。親を安心させる恋愛をして口出しされないように自分で工夫してくださいね!(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事