2021.04.23

好きな気持ちは全然ないよ!「勘違い男」はどう対応するのが正解?

あなたには全く気持ちがなく、それどころか他に彼氏がいるのに、なぜかあなたが自分に片想いをしていると決めつけてくる男性は周りにいないでしょうか。

そうした男性が近くにいると、あなたが何を言っても聞いてくれず「照れ隠し」だと思われて、なかなか誤解がとけずに困ってしまう恐れがあります。

時には強引に言い寄られて身の危険を感じることもあるかもしれません。そんな勘違い男に対して、どう対応すべきか解説していきます。
勘違い男はあなたの行動のすべてを、自分に好意があるものだと解釈します。「俺のこと好きなんだろう」という言動をしてくる場合もあるでしょう。回数が多いとうんざりしてしまいがちですが、そうしたものは全て毅然と否定するようにしましょう。

「全く興味がない」や「全然好きではない」あるいは「ちゃんと彼氏がいる」とアピールするのも大切です。あなたが拒絶している姿を見せることで、周りの人も誤解せずにあなたの味方になってくれます。

会う回数が多い勘違い男の場合対応が面倒ですが、油断しているとどんどん勘違いが加速するので否定していきましょう。
周りの人が誤解をしてしまうと、あなたと勘違い男が二人になるように気をまわされてしまう恐れがあります。そんな事態を避けるためには、自意識過剰と思われても周りの人に相談して味方を増やすようにしましょう。

ごくまれに「そんな照れ隠ししなくても良いよ」や「好かれてるなら一度くらいはデートしたら?」なんていう斜め上の回答をする人もいますが、そうした人も要注意人物として信頼できる人に打ち明けるのがおすすめです。

周りの人からも「〇〇さんは迷惑に思ってるからやめた方が良い」と勘違い男に注意してもらえるような環境を作ることが大切です。
いくらあなた自身が否定して、周りの人からも諫めてもらっても耳を貸さない勘違い男もいます。そんな勘違い男は二人きりになると、あなたに強引に迫ってくる恐れもあるでしょう。

絶対に二人きりにはならないように意識しながら行動してください。特に残業や飲み会の帰りなど、人の目が少なくなる時は要注意です。残業はできるだけしないようにスケジュールを調整したり、勘違い男がいる日は絶対に早く帰ったりするようにしましょう。

飲み会の帰りも、近距離でもったいないと思ってもタクシーに乗って勘違い男に追いつかれないようにすることが大切です。人の言葉を聞こうとしない勘違い男から身を守るためには、少し不便でもしっかりとした自衛手段を取らなければなりません。
何回か「全くそのつもりはない」とアピールをしても、まるで聞いていないのが勘違い男の特徴です。

社交辞令だと思って軽くいなしたり、雰囲気を悪くしないために軽い調子で断ったりしているだけでは、全く相手に響かない恐れもあります。

本当に迷惑な勘違い男に対しては、たとえその場の雰囲気が悪くなってもキッパリと迷惑だと伝えて断ることが大切です。話が分かってくれる周りの人を味方につけながら、根気強く対応しましょう。

あなた自身が流されず、毅然とした態度で拒絶して、やっと少しだけ通じるかもしれないという厄介な相手です。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事