2021.05.01

「嫁姑問題」で夫が頼りにならない...!味方にするための方法3選って?

嫁姑問題は、昔から根深い問題です。あなたがどんなにお姑さんに気に入られようと立ち回っても、気に入ってもらえないこともあるでしょう。

それどころか、あなたが相手に気に入られようとすればするほど、相手は自分が偉いと勘違いしてあなたのことを激しくいじめることもあります。そんな時、あなたの味方になってくれるのはあなたの夫です。

夫がしっかりしていれば、あなたとお姑さんの間に入って、上手に関係を調整してくれるでしょう。しかし、夫の中には全く頼りにならず「気のせいだよ」や「考えすぎ」と事なかれ主義の夫もいます。そういう夫を味方につけるためにはどうすれば良いのか解説していきます。
事なかれ主義で何を言っても動いてくれない夫は、そもそもあなたの辛さを理解してくれていないのかもしれません。

そういう夫には、立場を置き換えて想像させてみましょう。たとえばあなたが夫の実家で座る暇もなくお姑さんに命令されているのなら、「私の実家に行ってすぐ、私のお父さんに用事を言いつけられて動き回って、それを私がのんびりお酒を飲みながら見てたらどう思う?」と聞いてみるのがおすすめです。

場合によっては、実際に両親に依頼して体験してもらうのも良いでしょう。想像力のない夫は、そこまでして初めてあなたの辛さに気付いてくれることもあります。
あなたが頻繁にお姑さんに嫌味を言われていることを訴えても「考えすぎ」と言うような夫に対しては、あなたが言われていることをそのまま言ってみましょう。

夫がちょっと失敗した時に「こんな簡単なこともできないなんて、育ちが悪い」など、今までお姑さんに言われた言葉をぶつけて初めて、夫が気持ちを理解してくれることもあります。

そこで夫に逆ギレされたら「私の気持ちが分かった?」と言っても良いでしょう。ここまですれば、いくら鈍感な夫でも分かってくれるはずです。
実際に立場を置き換えて想像させても、言われたことをそのままぶつけても「でもお母さんに悪気はないから許してやって」と、あなたにだけ我慢を強いる夫もいます。

そんな夫に対しては、離婚も辞さないほどストレスになっているということを分からせるためにも実家に帰っても良いでしょう。貴重品を持って実家に帰れば、あなたの本気度も伝わります。

あなただけに我慢を強いる夫は、それが一番楽だから選択しているだけです。あなたに我慢を強いることで自分が不利になると分かれば、途端にあなたの味方になってくれるかもしれません。
どんなに嫁姑問題を訴えても頼りにならない夫は、もしかしたら頼るだけ無駄かもしれません。上記の行動でも分かってくれない夫の場合、もしかしたらいない方が楽ということもあるかもしれません。

嫁姑問題だけで離婚を選ぶ必要はありませんが、どうしても耐えられないならそれも一つの選択かもしれません。あなた自身の人生を幸せなものにするためにも、早めに決断するのも一つの方法だと覚えておいてください。

(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事