2021.05.02

見失ってはダメ!【自分らしい恋愛】をするための方法って?

 
恋愛の方法が分からない「自分らしい恋愛ってどんなのだろう」と思い込んでしまい、恋愛を心の中から楽しむことができてないような方も、多いのではないでしょうか。相手の恋愛に流されてばかりでは、思うような恋愛をすることができません。
 
自分らしい恋愛ができてないと、相手にストレスが溜まってしまったり、自分のしたいような恋愛ができなくなってきてしまいます。相手に流されては、心の中から恋愛を楽しむことができません。今回は、自分らしい恋愛をするための方法について、ご紹介していきます。
 
恋愛に行き詰ってしまっている場合は、他人が勝手に決めたルールや、周りの人たちの価値観に囚われてしまっている場合が多くあります。確かに恋愛にも、ある程度のルールは存在しますが、周りが勝手に決めたルールに縛られる必要はありません。 
 
「羨ましがられるようなカップルになるべき」「女らしくなるべき」などのような決まりはありません。その価値観を言ってくる人は、その人の中での価値観であり、自分が本来持っている価値観とは違うはずです。
 
「自分の恋愛」とはどういう恋愛のことを言っているのか、考えてみてください。自分らしい恋愛とは自分が自分らしくいることのできる恋愛を指します。他人が持っているルールや価値観に縛られてしまい、自由に動けないのであれば、自分だけのルールを作りましょう。
 
どんな人でも、「過去の恋愛」「憧れを持っていた男性」「想いを最後まで伝えることができなかった男性」など、どんなひとにでも忘れることができない恋を、一つか二つは持っていますよね。
 
忘れることのできない恋を持っていることは良いですが、その恋に執着してしまっているせいで、次の恋愛に進むことができないようであれば、その考えは間違っているということです。大事な記憶ではなく、あなたの動きや考えを縛るものになってしまっています。
 
自分らしく恋愛をするのであれば、過去の恋の執着を切ってしまい、次への一歩を踏み出すことが必要です。執着を切るには、自分自身が幸せになることしかありません。恋愛だけではなく、人間関係や仕事関係でも良いので、幸せになりましょう。
 
自分のことなのに後回しにしていまい、好きだと考えている相手を優先することが当たり前になっているという人も、多いのではないでしょうか。 
 
自分の気持ちを後回しにしていると、自分らしさが分からなくなっていき、自分らしい恋愛ができなくなってしまいます。自分らしい恋愛をするためにも、自分の気持ちは大切にしましょう。
 
どんな人でも好んで相手に嫌われたいと、考えている方はいませんよね。できることなら好かれたくいと考えている方が、ほとんどでしょう。
 
好きな相手ならなおさら好かれたいと考えているはずです。嫌われたくないと考えて、相手に合わせすぎてしまい、合わせることが当たり前になってしまうと、自分らしい恋愛を見失うので、気を付けてください。
  
自分らしい恋愛をするには、自分の考えをしっかりと持つことが大事です。相手がいくら好きで嫌われたくなくても、合わせすぎず自分を持つようにしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事