aizyouhyoigenn

2021.05.03

彼の心が離れて行く!?2人の関係にヒビが入り壊れてしまう歪んだ愛情表現って?

 
付き合っていくうえで、欠かすことのできないものは愛情表現ですよね。いくら大事だからといっても、間違ったような愛情表現では2人の関係が良くなるどころか、壊れてしまうかも知れません。
 
今回は、2人の関係にヒビが入り壊れてしまうような歪んだ愛情表現について、ご紹介していきます。彼のことが大好きなのであれば、やってしまうと彼の心が離れていってしまうだけなので、ほかの愛情表現を方法に切り替えるようにしましょう。
 
相手のことを知っていくのは、付き合っていくうえで一番大事なことかもしれませんが、「彼が今何をしているのか」、「彼がいつどこで誰に合っているのか」「彼のSNSの友達は誰なのか」「元カノはどんな人なのか」まで知ろうとするのはあまり良くありません。
 
彼のことを全部知らないと気が済まないという方もいるかもしれませんが、全部のことを知れば知ろうとするほどに、関係が壊れていってしまっています。彼と付き合っていれば自然に彼のことはしていけるので、焦って詮索しなくても離れていったりしません。
 
相手のことを不安にさせないよう、こまめに連絡をとるのはステキです。毎日の「おはよう」と「おやすみ」は欠かさないという方も、多いのではないでしょうか。こまめを超えた連絡頻度になってしまうと、メッセージがしつこいという反応になってきてしまいます。
 
しつこくメッセージが来てしまうと、関係にヒビが入るということも十分考えることができます。彼と毎日ずっと連絡を取っていたいという方や、連絡をすることによって愛情を計っている方もいるのではないでしょうか。
 
コミュニケーションをメッセージメインにしているカップルは、いずれ別れてしまいます。連絡をすることは愛情表現のひとつでもありますが、加減が大事です。少し物足りないと感じるくらいが、ちょうどいいと言われています。
 
彼の間違いを指摘すると、不機嫌になってしまうため言わなかったり、彼の間違いを流してあげることを優しさだと考えている方も、多いのではないでしょうか。誰にも指摘されなければ間違いにも気が付くことはないので、彼が他の場所で恥をかくかもしれません。
 
間違っていることをそのままストレートに伝えて、彼が不機嫌になってしまうのであれば、伝え方を工夫するようにしてみてください。彼を助言するようにしていってみたりすると、意外にすんなり受け入れてくれる場合もあります。
 
限度を超えた嫉妬束縛も2人の関係を壊すだけになってしまいます。彼のことが大好きすぎてしまうと、少しのことで不安になってしまったり、嫉妬をしてしまったり、行動に制限を掛けたくなることもあるでしょう。
 
相手からの自由を奪ってしまうと、関係にヒビが入ってしまうだけです。一緒にいて居心地の良さを感じるのではなく。窮屈だと感じることになると、いくら優しくても我慢の限界が来てしまうので、限度を超えた嫉妬や束縛はやめるようにしてください。
2人の関係にヒビをいれてしまうような言動は、限度を超えているから起きてしまいます。少しくらいのことであれば可愛さをアピールすることもできるので、調整をしっかりとしてください。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事