2021.05.10

彼氏を傷つけたくない...彼にしっかり「不満は伝える」方法って?

彼氏に対して不満があると、イライラしたり「なんで分からないの?」と思ってしまったりと自分が保てなくなることがありませんか?

しかし、いざ彼氏に不満を言おうと思っても「彼氏を傷つけるかもしれない......」と感じたら自分が我慢したほうがいいとも感じてしまいますね。そして、またストレスを溜めてしまうのです。

今回は、ストレスを軽減して良い付き合いをするためにも彼氏を傷つけずに不満を伝える方法について紹介します。
例えば、彼氏の行動を自分勝手だと感じたら「それは自分勝手だよ!」と伝えるのではなく、「こうしたらいいんじゃない?」という提案系で伝えてみましょう。

自分勝手と強く言われると彼氏も傷つき、時には反発してくる可能性があります。しかし提案系で言われたら「そっか!そうだね!」と彼氏の中にすんなりと落とすことができるでしょう。

不満を感じるとつい自分が正しいと思ってしまいます。強く伝えると彼氏も「いつも自分が一番と思って......」という不満を持ってしまうでしょう。
例えば、彼氏の性格で嫌な部分があったとします。そんなときに「そういうところが嫌なんだよ......」と言うと彼氏は自分のことを全否定された気持ちになるでしょう。

そのため、「私はそういうのがちょっと苦手だな......」というように嫌を苦手に置き換えて伝えるようにしてください。

結果的に不満は伝えているものの、嫌と言われていないだけ彼氏は傷つきません。しかし、苦手と言われているので自分の悪いところを考えてくれるようになるでしょう。
彼氏に不満を言うときは、彼氏への褒め言葉も忘れてはいけません。例えば、「〇〇なんじゃないかな?でもすごいよね!」などのように最後は持ち上げるなどです。

否定だけをすると否定された気持ちが強くなりますが、褒め言葉が入ると彼氏は「自分は嫌われているんじゃない」「自分にもいいところがあるんだ」という自信を持ってくれます。

褒め言葉を多くすると彼氏も勘違いするので、不満はしっかりと伝えた上で褒め言葉をプラスしてくださいね!
不満を伝えるときは「もしかしたら自分の考えが違うかもしれないけど......」と一度自分を落としましょう。絶対に自分が正しいと思ったとしてもです。

不満に感じている何かがあったとしても、自分が正しいとは限りません。上から目線で伝えると彼氏も反発し、彼氏からも色んなことを言われてしまうでしょう。

一緒に反省するという態度を見せて自分を落としてから伝えたほうが彼氏が素直に聞いてくれますよ。また、彼氏の傷も浅くなるでしょう。
彼氏への不満が全くないなんて人はほぼいないでしょう。不満がある中でも付き合っている人のほうが多くいます。自分の中にため込まないためにも、彼氏を傷つけないためにも不満は上手に伝えてくださいね!(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事