2021.05.11

これで成功する?同棲前にお互いに【話しておきたいこと】って?

同棲というと、結婚前の準備段階と位置づける人も多く、絶対に成功させたいと考えがちです。実際、同棲前にはお互いの両親や近しい友達には紹介していることも多く、万が一同棲が失敗に終わってしまうと、多くの人に対して少し恥ずかしくて気まずい思いをしてしまう恐れもあります。

では、どんな大切な同棲を成功させるためにはどうすれば良いのでしょうか。お互いに色々な価値観のすり合わせが必要な時期ですが、同棲を始める前に必ず話し合っていきたいポイントをチェックしておきましょう。
結婚を前提とした同棲の場合、大切なのは「同棲する目的」と「同棲をやめて入籍する期間」を決めておくことです。

この目的と期間をしっかり決めずに「なんとなく一緒にいたいから」という理由で同棲を始めてしまうと、「同棲のままの方が気が楽だから」という理由で入籍を先延ばしにしてしまい、長い春になってしまう可能性が高いでしょう。

お互いに、どうして同棲するのか、何をチェックできたら入籍するのか、遅くてもいつまでに入籍するのか、ということはしっかり決めておきましょう。特に入籍のタイムリミットに関しては、お互いに認識しているだけではなく両親にも話しておくと安心してもらえます。
同棲を始めてすぐの頃はお互いに良いところを見せたくなり「ここは私が払うよ」や「今日も料理は俺がやるよ」等、自分の負担を大きくしてしまいがちです。

しかし、そんな無理は長く続きません。また、あなたが無理をしていることに相手が気付かないと、いつの間にかそれが「当たり前」になってしまう恐れがあります。

そうならないように、お金や家事の分担については事前にしっかり話し合っておきましょう。また、お金は分担だけではなく「食費の予算は〇円」など毎月決めておくことで貯金もしやすくなり長期の休みの時には旅行も行きやすくなるでしょう。

メリハリのついた楽しい同棲生活にするためにも、予算を決めておくことは重要です。
同棲しても今までの友人関係がなくなるわけではありません。そのため、たまには自分の家に友達を呼びたくなることもあるでしょうし、誰かの家に泊まりたくなることもあるでしょう。

実は、そうした自分たち以外の人付き合いも話し合っておくことが重要です。「友達を呼ぶ時は事前に連絡をする」や「共有のリビングには入れないようにする」など最低限のルールを決めておきましょう。

「外泊の場合は事前に連絡する」などのルールもないと、お互いに心配してしまうこともあります。自由な一人暮らしではなく、共同生活であることを意識して生活するのが同棲を成功させるためのポイントです。
同棲前は細かいことを話し合うと嫌われてしまうのではないかという不安で、なかなか決められないこともあるでしょう。しかし、同棲前だからこそしっかり話し合うことが重要です。

そうしたことを話せない人とは、一緒に暮らしていても窮屈になってしまう恐れもあります。同棲前だからこそ、腹を割って色々なことを話し合い、お互いに楽しい同棲生活を送ってくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事