2021.05.15

自分を見失わないで!【浮気】されたときに心に持っておきたいものって?

恋人の浮気が発覚すると、「なんで?」「信じられない!」「最低!」などのように沢山の感情が湧き出てくるでしょう。とても穏やかになんていられやしません。

どちらかというと、浮気されたことで心がすさんで、相手を恨み、浮気相手が誰なのか調べてやりたい気持ちになるものです。しかし、こうなると自分が負けな気もしますよね。

そこで、浮気されたときこそ心に持っておきたいものについて紹介します。
浮気されたと思ったときは、浮気されたことを100%で信じてしまい、相手の話しを聞こうとしない自分も出てくるでしょう。浮気された事実が悲しすぎて心を閉ざしてしまうことも考えられます。

しかし、真実は知りたいと思いませんか?自分が取り乱したり落ち込んだりしていると真実は見えてきません。もしかしたら、浮気は疑惑なだけ、ウワサされただけのものかもしれません。

そのため、真実を知る心を持ってください。本人から話しを聞いたり、周りの話しを聞いたりして真実を探っていきましょう。
浮気されて心に余裕を持つことなんてできないとも感じますよね。しかし、そういうときこそ冷静な心を持ったほうがいいのです。

彼を問い詰めるよりも彼が逃げられないような証拠を掴んだほうがいいですよね。そのためにも心に余裕を持って、彼と別れる準備や次へのステップの準備を始めていきましょう。

彼に浮気がバレていることを悟られないようにするのも一つの方法です。余裕をなくすのはあなたではなく彼のほうにしてくださいね。
浮気されたのに恨まないなんてできないと思いませんか?誰でも相手が憎くて仕方ないという気持ちが出てきてしまうでしょう。

しかし、相手を恨んだところで浮気したという事実が変わることはありません。それよりも、恨んでしまう自分の心が辛くなってしまうことのほうが多いでしょう。

相手を許す必要はありませんが「恨むまでもない…...」「恨む価値もない…...」と思って相手のことを考えることを諦めたほうがよっぽどいいですよ!
浮気されたら「自分に魅力がないからだ…...」「自分が相手にしなかったからだ…...」などのように自分を否定してしまう心を持ってしまう人も多いでしょう。

確かに、何かしら自分にも問題があった可能性があります。しかし、悪いのは浮気するほうなので自分を否定することはやめましょう。反省すべき部分は反省したほうがいいですが、それは否定とは異なるものです。

否定していると、浮気されたことがトラウマになって次の恋愛にも支障が出てしまうので気を付けてくださいね。
浮気されたときは、しっかりと気持ちを落ち着かせることが大事です。難しいことですが、平常心を心がけて浮気の事実と向きあっていきましょう。

(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事