2021.05.15

もうダメかも...!恋愛中に「心が弱くなってしまう」理由4選って?

恋愛をしていると心が弱くなってしまい、強い気持ちが持てなくなることもあるでしょう。恋愛以外では強い気持ちで挑めても、恋愛になるとダメになるという人もいます。

しかし「恋愛で強い心が持てたらいいのに......」「このメンタルの弱さが嫌......」と感じることもあるでしょう。

そこで今回は、恋愛中に心が弱くなってしまう理由について紹介しますね。
恋愛中は自分が相手を好きだという気持ちよりも、相手が自分をどう思っているのかが大事になってしまうとう人がいます。その結果、相手に好かれることばかりを望んでしまうでしょう。

しかし、相手には相手の気持ちがあります。必ずしもあなたを恋愛として好きになるとは限りません。それが分かっているからこそ、より相手に好かれたいと思ってしまい、心が弱くなるのです。

「自分が好きなことが大事!」と開き直っている人のほうがよっぽどメンタルが強いですよね。
恋愛していないときや、前の恋愛のときには自分に自信があったのに、今回の恋愛はなぜか自信を失ってしまうということがありませんか?

自信を失うと心は当然のように弱くなってしまいます。ただ、自信がなくても恋愛はすぐにやめれるものではありません。自信がない中でも好きな人のことは好きなのです。

自信がないからスパッとやめれるならそこまで心も弱くならないでしょう。まだ好きだからこそ、弱くなってどうしたらいいか分からなくなるのです。
恋愛は上手くいかないことのほうが多いでしょう。しかし、恋愛以外では色んなことがうまくいっていたという人にとっては、少しでも上手くいかないことがあると心が弱くなってしまいます。

これは、逆境に慣れていないからです。経験不足が心を弱くしているのです。どちらかというと、うまくいかないことを経験している人のほうが最悪を知っているので強いですよね。

今までが恵まれていた環境にいただけで、今が少し試練に陥っているだけでしょう。心を弱く持つよりも向かっていく気持ちを持ったほうがいいですね。
恋愛をして心が弱くなったときほど「前向きに頑張ろう!」という気持ちを奮い立たせることもあるでしょう。しかし、前向きになったからといって全てが良くなるとは限りません。

そんなとき「前向きになっても意味がない」「前向きになったのに虚しさがあるだけ.....」などのように思ってしまいませんか?頑張りが認めらないことで心が弱くなってしまうのですね。

前向きになるのは素敵なことですが、事態が好転するには時間がかかることもあるということを覚えておくといいでしょう。
恋愛中に心が弱くなるのはよくあることです。もし心が弱くなってしまったら、自分に癒しを与えてみたり、少し時間を置いてまた頑張ってみたりと対策をとってくださいね!

(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事