2021.05.18

好き同士なのに…!両想いだったけどうまくいかなかった恋愛って?

 
お互いに好きだということも分かっていて、何もなかったらこのまま結婚してもいいかなという状況なのに、なかなかうまくいかないこともありますよね。雰囲気や周りの人たちからも好き同士だと分かっているのに、恋人になれなかったというパターンもあります。 
 
好き同士なのに、どうしてハッピーエンドな恋愛をすることができないのでしょうか。純粋な心を持っている方であれば、不思議で考えられないですよね。今回は、両想いだったけどうまくいかなかった恋愛について、ご紹介していきます。
 
何回も2人きりでお出かけという名のデートをして、お互いに楽しい時間を過ごしていたのに、お互いに一歩踏み出すことができず、自然消滅してしまったという方も、多いのではないでしょうか。 
 
「私からは告白したくない、男性から告白してほしい」「恥ずかしいから告白したくない」など、変なプライドによって、幸せな恋愛になるはずだった世界線を邪魔してしまっています。彼も同じような気持ちを持ってしまっていたのでしょう。
 
お互いに待つことに疲れてしまい、熱が冷めてしまっていったというパターンですよね。今でも同じようなことをしていると、流石にまずいですが、いい経験として、好きな人ができたら素直に告白するようにしていると、過去の自分も報われるでしょう。
 
大学で知り合った彼と付き合うことになって、お互いに相手のことを尊重し合い、結婚してもうまくいくという考えを持てるほど、ラブラブだったのに、別れてしまったという方も、いるのではないでしょうか。 
 
 好き同士だから、結婚してもうまくいくという確信を持っているからといっても、絶対に別れない保証はありません。自分は大学を卒業したら、すぐに彼と結婚したいと思っていたけど、彼は卒業後も、大学院に入って勉強するというすれ違いもあります。
 
人生設計がお互いにできているというのはステキなことで、滅多にいないほど相性のいい2人だとしても、人生計画がズレていたら、別れるという選択肢もでてきます。好きな人が相手でも、譲れない部分があるので、仕方ないことかもしれません。 
 
恋人は1人だけだというのは、ほとんどの人が当たり前のことだと考えていて、常識の範囲ですが、ごくまれに、恋人が1人ではなくてもいいと、本気で考えている方もいます。
 
気も合って一緒にいたら楽しかったのですが、彼は恋人が2人いてもいいという考えで、変えることが無かったため、別れたということもあるようです。恋愛観がズレているのに付き合ってしまうと、徐々にストレスもたまり、彼のことが嫌いになってしまうでしょう。
 
 小さなころから一緒にいて、ずっと仲が良かった幼馴染に恋をしたという方も、多いのではないでしょうか。お互いのことをを知りすぎてしまったため、恋人になってもうまくいかなかったのでしょう。
 
新鮮さが無かったり、お互いに知っているからこそ、恋人のようなことをするのが、恥ずかしいという方もいます。
 
両思いだとしても、恋愛がすべて上手くいくとは限りません。できれば経験したくない悲しいことですよね。
(ハウコレ編集部)

関連記事