2021.05.21

重いかもだけど好きなんです...!好きすぎて彼に嫌われないための付き合い方って?

彼を好きに思うばかりに、相手にとって重いと感じる感情です。
男女では感じ方が違いますし、大好きだからこそ相手のことを思ってしまうのは当然の一言です。
彼に対して、どこまでの行動なら好意的に感じることができるのか解説していきます。
彼のことが大好きだからこそ、してしまうのがしつこすぎる連絡です。
連絡をすることによって、自分自身が彼の状況を理解し安心することができますが、彼の方は頻繁な連絡にイヤイヤすることが多いのです。
彼に対して大好きという感情があるのであればするべき行動は連絡をしすぎることではありません。

ある程度付き合いをしていてもプライベートな時間は必要なのです。
ゆっくり自分自身が休める環境を相手に与えなければ、一緒にいることがストレスと考えられがちになります。
束縛されたいという方もいますが、ほとんどの男性は束縛を嫌います。
束縛も彼にとって可愛らしいと感じる彼女の行動も
いきすぎた束縛であれば恐怖すら感じてしまうようです。
大好きな相手だからこそ、信用はつきものであり、あいてを信用することができなければ長い付き合いはできないのです。

束縛は好きだからこそしてしまうものですが、同時に自分自身に自信がなかったり、あるいは相手を信用できていないという証拠と言えます。
休みは一緒にとるというのは、全てプライベートの時間を取られてしまうということです。
彼にとって、相手のことを思いながらも自分の時間を全て彼女に捧げるのは疲れてしまいます。
夫婦間ではなく、付き合っている関係であれば尚更少しであれ気を使うのは当然だからです。

休みは休みで過ごし、彼との距離感をもたせることによって落ち着いた付き合いができますし、むりをする必要がなくなるのです。
スマホには自分にとってのプライバシーなどが沢山はいっています。
相手のスマホをみるというのは、とても相手のことを理解していないということに等しいのです。
自分がスマホを見られても問題ない人であっても、相手は見られたくないと感じています。

スマホをみる行為を普段からしている方は、やめるべき行動です。
相手が良いと仮にいっても、本心からスマホをみる行為をよく思っている人はいません。
好きという気持ちから相手の全てを知っていたいと感じることはよくあります。
自分にとっての考えは、相手も同じとはかぎりません。
ここまでされたら迷惑ではないだろうか?と彼の気持ちを改めて理解する必要があるのです。

(ライターeluna)
(ハウコレ編集部)

関連記事