2021.05.31

覚悟が必要...?「教師」と付き合うときの心構えとは?

中学、高校教師と付き合うときのの心構えについて、お話していきます。
好きな人が中学や高校の教師をしていた、気になる人の職業が教師だった、というパターンもあるでしょう。

教師という職業が悪いということはありませんが、中学や高校の教師と付き合うためには、それなりの覚悟がないといけません。
いったい、どんな覚悟が必要なのでしょうか。

ここでは、中学や高校教師と付き合うときの心構えを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。
中学や高校教師と付き合うときの心構えには、会える時間が少ないことや限られていることを理解する、というものが挙げられます。

すべての中学や高校の教師が、会える時間が限られているほど忙しいわけではありません。

しかし、部活の顧問をしていたりすると話は別。
最近は、学校の部活動は土日のどちらかは休みにする、時間は何時間までなどの制限がつくようになったため、少し前よりはだいぶマシにはなりました。

それでも、平日は部活のあとに雑務や翌日の準備をする必要があるため、夜9時過ぎまで学校にいることも少なくありません。

そうなると平日は会うことは難しいですし、土日も部活の指導や大会などが入ればそちらが優先されます。

自分とのデートよりも仕事が優先になってしまうため、会える時間は限られることをあらかじめ理解しておきましょう。
中学や高校教師と付き合うときの心構えには、ストレスの多い職場だと理解してあげることが挙げられます。

中学や高校の教師をしていると、ほかの職場よりもストレスが溜まりやすいことが考えられます。

同僚や上司とのストレスがあるのはどこの職場でも同じですが、教師にはさらに子どもたち、そして保護者との関わりまで出てくるもの。

私は教師をしたことはありませんが、かなりストレスが溜まる職場だろうな......だと思います。

そういう職場で働いている彼を、あなたが癒してあげられる存在になれるといいですね。

会った途端に会えないことやLINEの返事が遅いことなどの文句を言ってしまっては、彼はあなたといることで余計にストレスを溜めてしまうかもしれません。
中学や高校教師と付き合うときの心構えについて、お話しました。
彼氏が教師をしていると、頻繁に会えなかったり連絡が来ないなどもありますし、ストレスが溜まってイライラしていることもあるでしょう。

そういうこともあらかじめ理解して、良い関係を築いていけるといいですね。

(ハウコレ編集部)

関連記事