2021.06.02

真似してみよう♡モテる人が持っている「隙」とは?

モテる人が持っている「隙」とは、いったいどんなものなのでしょうか。
隙がある人はモテるけれど、隙がない人はモテない、なんて言いますよね。

ここでは、モテる人が持っている「隙」に注目してみましょう。

隙とはどんなものなのか、具体的に紹介していきます。
早速見ていきましょう。
モテる人が持っている隙とは、簡単に言うなら親しみやすさのことです。

人を好きになるきっかけは様々ですが、好きになる人というのは、大抵が「自分の身の丈に合う人」なのだとか。

明らかに分不相応な人のことは、「好きになっても叶うはずがない」という気持ちがあるため、好きになるのをやめるそうです。

高嶺の花という言葉があるように、男性は自分とは釣り合わなそうな女性のことは「憧れ」の対象にしてしまい、基本的に好きになることはありません。

そこで「隙」を持っていると、話は別。

一気に親しみやすさが生まれ、男性から「自分でも頑張れば手に入るのかも」と思われるようになるのです。

モテる人はそういう隙を持っているので、男性から親しまれやすく、すなわちモテるのだと言えるでしょう。
では、モテる人が持っている「隙」とは、具体的にどういうものを言うのでしょうか。
ポイントは、先ほども触れたように「親しみやすさ」にあります。

普段は真面目で堅そうなのに、時々何もないところでつまづいて転びそうになったり、ふとしたときにとびきりの笑顔を見せてくれたり。

男性は、基本的に頼りにされたいと思っており、女性から頼られることで自分の価値を見出しているタイプの人もいます。

モテる人が持っている隙には、そういう場面ですんなり男性に頼めることも含まれていると見ていいでしょう。

いつもは自分の仕事はきちっと1人でこなし、他人の分まで手伝っているような人だと、周りは「なにか手伝おうか?」と声をかけづらいですよね。

声をかけられる前に男性を頼ったり、男性から声をかけられたら素直に「ありがとう」と言える人は、問答無用でモテると言って間違いありません。

いつもいつも頼ってばかりはダメですが、たまには頼るのもあり。

男性は、頼られるのが嬉しいものです。
モテる人が持っている「隙」について、お話しました。

「隙」について言葉にするのは難しいのですが、ポイントは親しみやすさということは忘れずに覚えておいてください。

笑顔は親しみやすさの典型なので、笑顔でいることはとても大事。

笑顔で男性に声をかけたり挨拶をしたりして、「親しみやすい人だな」と思われることから始めましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事