2021.06.08

なんかモヤモヤ...!旦那に「幼馴染兼元カノ」がいる時の対処法3選

仲の良い女性の幼馴染が夫にいるという時点で、なんとなく妻としては嫉妬してモヤモヤしてしまうものです。

しかも、さらにその幼馴染が元カノだった場合はモヤモヤどころではなくイライラしてしまうという人もいるのではないでしょうか。

そんな気になりつつも無視はできないという複雑な存在の幼馴染兼元カノが夫にいるという人は参考にしてください。
幼馴染兼元カノが隣に住んでいるなど、頻繁に会う状況にないのならあなたがそこまで気にする必要はありません。

どれだけ夫と仲が良くてもあなたとは関係のない他人ですので、あまり話題に出さないようにしてもらい、忘れるようにしましょう。

夫経由で夫の両親や兄弟にもお願いして、あなたの前では幼馴染兼元カノの話題を出さないようにしてもらうのもおすすめです。
複雑な存在ですので、周りの人は理解してくれるでしょう。
家族ぐるみの付き合いがあると、あなたは幼馴染兼元カノに会わないことはできても、夫まで完全に会わないということは難しくなります。その場合、せめて2人きりで会うことがないようにお願いしましょう。

どんなに仲の良い幼馴染でも、結婚してからも2人で会わなければならない理由というのはめったにありません。あなたが苦しんでいることを夫に話し、分かってもらいましょう。
夫が「知り合いは全員友達」のような考え方を持つ人だと「良い奴だから仲良くなれば気にならなくなるよ」などと言われることもあるでしょう。

しかし、あなたにとっては相手がどんなに良い人でも幼馴染兼元カノという存在は気になるものです。良い人だからこそ嫌だということもあるでしょう。

そんな時は無理に付き合う必要はありません。会った時だけ最低限の大人の対応をして乗り切りましょう。
幼馴染兼元カノというと特別感が強く、どうしても意識してしまいがちです。しかしながら、選ばれたのはあなただということを意識すれば、自信も持てるでしょう。

必要以上に意識しすぎず「夫の昔からの友人の一人」として接するようにしましょう。

(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事