2021.06.08

断りづらい...。「上司に言い寄られた」ときの上手な対応法3選!

職場で気のない人からアプローチをされてしまった場合、断ると気まずくなりそうで面倒だと感じる人も多いでしょう。

同僚や先輩社員でもそう思う人は多い中で、自分の直属の上司だとなおさら気まずいと感じるのも無理はありません。

そんな人ではないと分かっていても、不当な評価を受けるなど仕事でも不利になる恐れもあります。そんな面倒な状況に陥ってしまった時、どうやってかわすべきか覚えておきましょう。
上司に対してきっぱり断れない場合は、上司があなたに対してアプローチしづらい雰囲気を作ることが重要です。周りに人がいる時に雑談として、彼氏がいることをそれとなく伝えましょう。

上司にも聞こえるような声の大きさで話すことがポイントです。このように上司にも周りの人にも彼氏がいることを伝えておけば、上司があなたにアプローチしようと思っても周りの人が止めてくれる可能性が高まります。
彼氏がいなくて牽制できない場合、あるいは牽制をしても上司が気にしないタイプの場合は自衛する必要があります。できるだけ2人きりにならないようにしましょう。

2人で行動するのを避けるのはもちろん、残業の時も誰かがいる状態で先に帰るようにするなど、上司にアプローチをする隙を与えないようにすることが重要です。

強引に迫られないように上手に立ち回りましょう。
上司の性格によっては、今後の仕事を引き換えにあなたに無理やり付き合うよう強制してくる可能性があります。そこまではしなくても、職権乱用であなたと2人きりになろうとして居心地が悪い思いをすることもあるでしょう。

しかし、こうした上司の行動は明らかにコンプライアンス違反です。あまりにもひどいようなら、人事に相談して異動などの適切な措置をとってもらうようにしましょう。
上司からアプローチをされると、なかなか自分だけでは断りづらくなってしまいます。そういう時は、遠慮せず周りの人の助けも借りながら逃げるようにしましょう。

(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事