2021.06.14

ずっとラブラブでいたい♡付き合いたての気持ちを忘れない方法とは?

彼氏と付き合って長くなると付き合いたての頃の気持ちなんて忘れてしまいませんか?彼氏に慣れてきて、付き合いに慣れてきて、付き合いたての初々しさとはかけ離れたところにいる可能性もあるでしょう。

そこで今回は、付き合いたての気持ちを忘れないようにする方法について紹介します。
一人でいる時間のときでも、デートしているときにでも、時々付き合う前のことを思い出すようにしてください。「付き合う前は片思いで不安だったな」「付き合う前に話しかけられたの嬉しかったな」などのように色々と思い出しましょう。

付き合う前のことを定期的に思い出すということは、新鮮な気持ちをよみがえらせるということです。今付き合っていることにも感謝できて付き合いたての頃を懐かしく思えますよ。
記念日には一番最初にデートしたところに行くなどのように思い出のデート場所に定期的に二人で訪れましょう。そのとき「あのときの〇〇面白かったよね!」などのように思い出を振り返るといいですよ。

一番最初にデートしたときの服装を覚えているのなら再現するのもいいでしょう。最初のドキドキを思い出すことができて、初心に戻れるため付き合いたての気持ちがよみがえってくるものです。
周りの友達などに最近彼氏ができたばかりの人がいるなら、その人の話を聞いてみましょう。付き合いたてのときは彼氏ののろけ話が多くなるはずです。微笑ましい話もたくさん聞けるでしょう。

「私もそうだったな…」「そういえば最近彼氏のいいところ見れているかな?」などのように人の話から思うところが出てくるはずです。そういう気持ちになったときに改めて彼氏に感謝すると付き合いたての気持ちを忘れずにいられるでしょう。
付き合いが長くなると日に日に好きになっていくというよりは、日に日に慣れていくことのほうが多いでしょう。いつしか「好きだよ…」ということも言わなくなっている可能性がありますよね。

日に日に好きを更新するためにも「今日も大好きだよ」などのように言葉で愛情表現をしましょう。言葉にするとなぜだか本当に好きが更新されているような気になるものです。
付き合いがどれだけ長くなったとしても、付き合いたての気持ちを忘れずに付き合うことで長続きするでしょう。

(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事