2021.06.11

恥ずかしい!本気だと思ったら実は遊ばれていたエピソード

 
彼が本気で私を好きだと思っていたら、実は遊びの女だった、という経験をした人はいますか?
勘違いで傷つくことを防ぐために、今回は「本気だと思ったら実は遊ばれていたエピソード」を4つご紹介します。
 
付き合う前からボディタッチが多く、1回目のデートですぐに手をつなぎ、夜になるとお酒も入りイチャイチャモードに。
食事のあとにいい雰囲気になり、彼とそのままホテルへ行ってしまった女性。
次の日から全く連絡が取れなくなってしまったのだとか。
ボディタッチが多い男性は脈アリな雰囲気を作りますが、実は体目的ということが多いのです。
本当に大事な人と思っているのであれば軽い男とは思われたくないのでなかなか触れることができず、1回目でホテルに誘うようなことはありません。
 
LINEなど連絡もマメでデートプランも細かく決めてくれる男性。
本命彼女だと信じていたのに、細かく予定を決めてくるのは知り合いや他の浮気相手と鉢合わせをしないようにという理由だったという女性もいます。
マメすぎる男性にも注意した方がよさそうですね。
 
普段は既読無視も当たり前なのに「急に会いたくなっちゃった」「今から来れる?」など、いつも突然呼び出す男性。
頼ってくれているのかと思いきや、いつも家かホテルでエッチしておしまい。
これは都合のいい女として遊ばれています。
本命であれば会いたくても相手に迷惑がかかるような呼び出し方や嫌われるような行動はしません。
 
「他の男にとられるのが嫌だから」という理由で紹介してもらえず、嫉妬したくないのだろうと思っていた女性。
実は本命ではなく、遊びだから紹介されなかったというエピソードも。
本命彼女であれば周りからも認めてほしいものなので、いずれは友達や家族に紹介するのが自然なこと。
 
本気だと思っていたら実は遊ばれていたエピソードを聞いて、ドキッとした人もいるかもしれませんね。
勘違いしないようによく男性の行動を観察しましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事