2021.06.18

断りづらい!上司に【不倫に誘われたら】どうするべき?

上司からの命令は、少し無茶なものであっても断りづらいものです。特に直属の上司として自分の仕事を評価する立場の人からの命令は断りづらいと感じる人は多いでしょう。

では、そんな上司に不倫に誘われたらどうすれば良いのでしょうか。大人としての立ち回り方を覚えておきましょう。
不倫に誘われた時、いくら相手が上司であっても受け入れる必要はありません。毅然とした態度でしっかり断ることが重要です。

しかし、その時に口だけで断るのはおすすめできません。必ずLINEなどで証拠を残して断るようにしましょう。「上司から誘ってきたけど断った」という証拠があれば、不倫を疑われた時でもしっかり反論することができます。
中には、不倫に憧れを持っていて誘われた時点でOKしたくなるという人もいるでしょう。その人の人生なのでそれも自由ですが、不倫をする場合は代償を考えましょう。家族や友達にバレて疎遠になることもあれば、慰謝料で借金をする可能性もあります。

会社によっては不倫が原因でいづらくなり退職しなければならないこともあるでしょう。その時にも誰も助けてくれないかもしれません。そういうリスクを考えたうえで決断することが大切です。
上司の性格によっては、不倫を断ってもめげず「評価を下げるぞ」と脅しながら不倫を強要される可能性もあります。その場合は、一人で抱え込まずに早急に人事やコンプライアンスを担当する部署に通報しましょう。

上司の上司と話す機会があれば、その人に訴えても構いません。その時、断った証拠が残っていると話がスムーズに進むので活用すると良いでしょう。
体育会系の会社だと、上司や先輩の命令は絶対という社風もあるでしょう。しかしながら、いくらお世話になっている上司でも不倫という非常識な命令を聞き入れる必要はありません。

不倫に誘われた場合は、きっぱり断って場合によってはしかるべき場所に通報するようにしましょう。行動が遅いと不利になる場合もあるので、迷わず毅然とした対応をすることが大切です。
(ハウコレ編集部)

関連記事