2021.06.21

自分が嫌い...!【メンヘラな自分】から卒業する方法4選とは?

自分のことをメンヘラだと自覚しているという女性もいますよね。周りから言われて気づいた人もいれば、薄々感じていてチェックしてみたらメンヘラだったということもあるでしょう。

メンヘラのイメージは悪く、とくに恋愛面では避けられてしまうこともよくあります。

そんな自分が嫌だと感じている女性のために、メンヘラな自分から卒業する方法について紹介します。
メンヘラかもしれないという淡い気持ちでいるのであれば、自分はメンヘラだとしっかり自覚しましょう。自覚していないと、メンヘラじゃないかもしれないという逃げ道を作ってしまいます。

メンヘラだと認めることは怖いかもしれません。しかし、認めないとずっとメンヘラのままで生活をしないといけなくなります。メンヘラから卒業するためには、自分で自覚することが大切です。
メンヘラの女性は夜行性の人が多いです。夜に起きているため日中に寝ていることが多く、日の日差しを浴びる機会が少なくなります。日光を浴びない生活は、精神にとってよくありません。

そのため、メンヘラを直すためには規則正しい生活を心掛けましょう。夜は寝て朝起きるという生活をするだけで気持ちに変化が生まれます。明るい時間に外にたくさん出て日光を浴びましょう。
メンヘラの女性は依存度がかなり高めです。なにかに依存していないと不安になるため、彼氏ができると彼氏にすぐ依存してしまうのです。依存度の高い人におすすめなのが、趣味を見つけることです。

何か趣味を見つけてそれにのめり込むことで、人への依存度が薄れていきます。人とのかかわりから離れるための趣味なので、SNS などではなく読書など自分だけで行えるものがいいでしょう。
メンヘラは相手が離れていくのを防ぐために、貢ぐことが多いです。そのため自分のことをないがしろにしがちです。自分のためにお金を使いましょう。

人に使うのではなく自分に貢ぐことで、自己肯定感が生まれてきます。自分のお金は自分のために使っていいのだと認識することで、お金の使い方を直すことができるでしょう。
メンヘラを直すためにあれやこれやと手を出してしまうと、自分が辛くなっています。できることからひとつずつ始めていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事