2021.06.23

もう潮時かな...カップルが「別れよう」と決意する瞬間とは?

付き合いたての頃は考えもしなかった「別れ」を決意してしまった事は、長く付き合っているカップルは何回かあるのではないでしょうか。では、幸せほやほやなカップルが別れを決意した瞬間とは、どのような瞬間なのでしょうか。
カップルが別れを決意する瞬間として「気持ちが冷めてしまった」という状態になることがあります。長く付き合っていればどうしてもマンネリ化してしまい、付き合いたての頃よりも刺激が感じなくなり気持ちが冷めていってしまうのです。

一緒の時間が増えていき、どんどん相手への関心が減っていき相手への気持ちも冷めていきます。そのせいで相手に関する興味や怒りなども薄れていってしまいます。恋愛において「冷める」という感情は、何かしらの対策をしなければ別れる可能性が大なので、もしも別れたくないのであれば注意です。
別れようと決意する瞬間の中で、一番多い理由の一つ「性格や価値観の不一致」が挙げられます。もちろん人それぞれ性格や価値観は違うもので、生まれ育った環境も違うのでそれぞれの価値観を持っています。

例えば金銭感覚の不一致があります。一方はお金を大切に使用しているので大きな買い物も慎重に行うのに、もう一方はそんなのお構いなしにどんどんお金を使ってしまう、すぐにクレジットカードで大きな買い物をたくさんしちゃう、などと言った瞬間にお互いの性格の不一致を実感することが多いです。
長く付き合っていたり、同棲期間が長くお互い一緒にいる時間が長いと、お互いどうしても嫌な部分や直して欲しい部分が見えてきます。嫌な部分ばかりが見えてきてしまい「別れよう」と決意する人が多いです。

どんな大好きな人にでも欠点はありますし、嫌な部分は誰にでもあります。それを受け入れるか相手に伝えて直してもらうかなどの対処をしてもらいましょう。それでも直らない、自分自身がどうしても受け入れることができない場合は、別れを決意してしまうのかもしれません。

(ハウコレ編集部)

関連記事