2021.07.06

実は真面目!「自分が好きな人」としか付き合わない人の心理って?

自分が好きになった人としか付き合わない、告白されてもそれが自分が好きになった人じゃないなら意味がないと思っている人っていますよね。どうしても好きと言われるよりも好きと言いたいタイプです。

今回は、自分が好きな人としか付き合わない人の心理について紹介したいと思います。
自分が好きになった人というのは、どこか尊敬できる部分を持っている人でもありますよね。尊敬できるからこそどんどんハマっていくのです。

自分が好きな人としか付き合わない人は、相手のことを尊敬したいと思っています。尊敬できる人が恋人になってほしい、尊敬できることで自慢にもなると感じているでしょう。
例え、好きな人と上手くいっていなかったとしても、好きな人がいるときは好きな人にしか興味を持つことができないという特徴もあります。そのため、告白されても好きな人じゃなかったら付き合わないのです。

単純に「好きじゃないから付き合わない」という結果を出します。ある意味とてもはっきりしているため、分かりやすさもありますよね。好きじゃない人と付き合っても面白くないし何にもならないとも思っていることでしょう。
好きと言ってくれた人と付き合う人のように、付き合ってから好きになることができないと思っています。最初から自分にきちんと気持ちがないと付き合ったところで好きになれずに別れるのが見えているのでしょう。

臨機応変に自分の気持ちを変えることもできないため、付き合う前からの気持ちをとても大事にしているのです。不器用で真面目な人という印象もありますね。
自分が好きになった人としか付き合わない人は、好きになった人のことを何年も一途に愛することができる特徴を持っています。片思いも長く続けることができるでしょう。

これは、付き合うことができるまで諦めきれない気持ちがあるからです。自分が好きな人としか付き合わない人は、「この人以外ならもう付き合わなくていい」とさえ思っているでしょう。
自分が好きな人としか付き合わない人は融通がきかないところもあります。しかし、真面目な性格をしており芯が通っているため信頼されやすい人でもあるでしょう。浮気もしないし許さないタイプですね。
(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事