2021.07.14

当てはまれば要注意!【ダメ男】が持っている「あるあるな3要素」

ダメ男と付き合うと絶対に苦労してしまいます。ましてや結婚すると、悩むことが増えて実年齢よりも老けてしまうかもしれません。

ですが、好きになってしまうとダメな部分すら愛しく思えてしまい、見るからにダメ男なのに自分の気持ちがコントロールできなくなってしまうケースもあります。

そんなことにならないために、ダメ男が持っている「あるある三要素」を知り、ダメ男に引っかからないように普段から注意しておきましょう。
気分転換程度に少しギャンブルをしたり、友達と「この野球の試合が〇〇だったらジュース奢り」くらいの軽い賭けをするくらいなら問題はありません。

しかし友達や彼女にお金を借りてまでギャンブルにはまっていたり、給料全てをギャンブル費用にして貯金が全くないレベルではまっていたりする男性には要注意です。

ギャンブルは依存しやすいので、気が付いた時には自分でやめたくてもやめられなくなっている可能性があります。
お酒が好きな男性なら問題ありませんが、記憶をなくすほど飲む男性はダメ男の可能性が高いので注意しましょう。そもそもそんなに飲むほどコントロールできないのは、自分に甘い性格をしている可能性があります。お酒以外にもだらしない面があるかもしれません。

また「記憶をなくすから仕方ない」など、開き直って浮気などの口実にする可能性もあります。お酒に弱くても問題ありませんが、何回失敗しても改善できない男性には注意しましょう。
気に入らないことがあった時やイライラした時、物に当たる男性にも注意が必要です。足音が荒くなったり引き出しを殴ったりするのは周りを威圧するダメ男の可能性があるでしょう。

普段は優しい男性でも、将来的にDV男性に変化する可能性があります。「自分にだけは優しい」と盲目的になってしまう女性もいますが、いつ暴力が自分に向くか分からないので、最も注意しなければならないダメ男かもしれません。
ダメ男要素が多い男性は、付き合いが長ければ長いほど悪い部分が見えてくるものです。

好きになると「私がいなきゃ彼が困る」と共依存になってしまいがちですので、まだそれほど相手のことを知らないうちに早めに逃げるようにしましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事