2021.07.19

好きとは別物!男性が「ずっと付き合うのは無理そう」と感じる彼女とは

どうもあかりです。
「好き」と「ずっと一緒にいたい」は別物です。
「好きだけど、別れる」って決断をする人だって男女問わずたくさんいますしね。
これから男性が「好きだけど、付き合い続けるのは無理そう」って思う彼女の特徴をご紹介しますので、これに当てはまらないように気をつけてもらえたらと思います。
彼氏に会えない平日に長時間の電話に付き合わされたり、「ちょっとでもいいから会えない?」としつこく言ってきたりなど、「会えないとき」を落ち着いて、安定して、大人しく過ごすことができない人って、付き合っていてすごく疲れます。
デートのときは思いっきりラブラブしておいて、会えないときはお互いに自分の時間を確保する。これが一番無理なく続く理想的な関係です。
会えないときでも常に彼氏を求めてしまう人は、「息継ぎをさせずに泳がせ続けるようなもの」だと自覚しましょう。
けんかをしたり、意見が衝突したりするのは仕方がないことですが、そのときに「別れよう」とか「距離を置こう」とかすぐに極端なことを言ってしまう人も、恋人を必要以上に疲れさせてしまいます。
たとえ言った側はいずれ仲直りをするつもりであろうと、「別れよう」と言われた側は気が気じゃありません。
「すぐに別れを口にする恋人」なんて、(男であろうと女であろうと)怖すぎてとてもじゃないけど一緒に将来を考えることは難しい、これが大多数の人の感覚です。
彼氏の気を引こうとするときに、異性の名前を出したり、元カレの話をしたりしてしまう人は注意した方がいいです。というか、やめた方がいいです。
たとえそれが「モテアピールのつもりだろう」と気付いていても、やっぱり異性や元カレの話題を目の前で出されると、男性は傷つきます(女性だって逆の立場なら傷つくでしょう)。
恋人のことを傷つけてまで、自分のために恋人の気を引こうとする。そういう身勝手な人とはずっと一緒にいることは考えにくいですよね。いくら大好きであっても。むしろ大好きだからこそ、深く傷つくわけなので。

彼氏から「好きだけど、もう一緒に居られない」なんて悲しすぎることを言われてしまわないように、最低限これら3つのことは意識してもらえたらと思います。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事