tamanokosi

2021.07.20

狙え玉の輿!【本当に金持ちな男】と【偽金持ちな男】の決定的な違い4つ

将来は玉の輿になりたいと思う女性もいるでしょう。
「お金持ちと結婚したらこんな生活が…♡」と妄想しちゃうと思いますが、一見金持ちに見えて実は貧乏な男性だった、なんてこともよくあること。

そもそも、お金持ちが少ないというのも現状なので、最低限金持ちな男とそうじゃない男の見極めは必要になってきますね。
というわけで今回は、【本当にお金持ちな男】と【偽金持ちな男】の決定的な違いについてご紹介していきます!
金持ちはブランド物を主張をしませんが、偽金持ちはブランド物を主張する傾向にあり。

ブランド物を主張したいのは、自分をよく見せたいという気持ちが含まれているんですね。
一方、本当に金持ちの男性はブランドで飾らなくとも、すでに自分の魅力が備わっているので、わざわざ飾る必要がないんです。
金持ちは確かにお金は好きだけど、わざわざ自慢話でお金の話をしたりはしません。
逆に、偽金持ちはお金が大好きすぎるあまり、自慢話として偽りの自分を装いながらお金の話をしてしまうんですよね。

確かに、お金の話をされた時は「お金持ってるんだな」と思うかもしれませんが、お金の話を自慢げに話すタイプは大抵偽金持ち。
お金持ちな男性にとって、自己投資はかかせないもの。自己投資はモチベーションにもつながるし、お金をうまく使えばリターンがあると思っているため、自分のためにお金を使うことに抵抗はないんですね。

一方で、お金がない男性は、自己投資をしません。というのも、偽金持ちは使うのがもったいないと思っていて、リターンがないような環境にいるので、自己投資をすることに抵抗があるんです。
相手にだけでなく、自分のためにもお金を使えている男性が真の金持ちということですね。
金持ちな男性は、時間に追われずに自由度の高い生活を送っています。
逆に、偽金持ちはお金を稼ぎたいあまり時間に拘束され、自由度が低い生活を送っているんですよ。

スケジュールがびっちりなのも、後者の男性であって、時間を効率よく使える金持ちの男性とは真逆のタイプですね。
本当にお金をもっている男性というのは、ムダを省く傾向にあります。
リターンもなければ効率化にも繋がらないようなことにお金を使うこともないし、ムダな時間も嫌います。

時間に追われれば効率化も期待できないので、時間を有効活用して、お金を効率よく稼ぐのが【真の金持ち】ということ!


(ハウコレ編集部

関連記事